DLM4000 ファームウェア

本体バージョンの確認方法

UTILITYキー > Overviewソフトキー で表示されるオーバビュー画面の Firm Version でご確認ください。

更新履歴

仕様コード 追加/変更機能 対応ファームウェア
バージョン
/M3
  • M3メモリオプションで選択できるレコード長(6.25MPoints、12.5MPoints、62.5MPoints)を追加
5.22以降
/F9,/F11
  • SENTトリガ/解析において、Multiplexingに対応
/F2,/F3
  • SPI解析において、特定の条件下でデコード開始位置を誤る不具合を修正
  • I2C解析において、特定の条件下でデータ解析を1バイト多く出す不具合を修正
/F4,/F6
/F7/,F8
  • LINトリガにおいて、ID/Dataトリガ時にトリガがかからない場合がある不具合を修正
/F2, /F3
  • シリアル解析の軽微な不具合を修正
5.11以降
/F4, /F6
/F7, /F8
  • CXPI解析オプションに対応
  • LIN解析およびLIN拡張トリガー機能の不具合を修正
5.01以降
標準
  • USBメモリ互換性の向上
  • その他細かい不具合を修正

以前のバージョン 

 

ダウンロード

「免責事項・権利・その他」について、同意された上で、ダウンロードを行ってください。

 

バージョン Ver. 5.22
日付 2018年8月29日
ファイル名 DLM4_UPDATE_5_22.zip 21.4 MB

  

DLM4_UPDATE_USBM_5_22.zip 18.9 MB

  

種類 ソフトウェア※ダウンロードには、登録 が必要です。

 

免責事項・権利・その他
  • 当Webサイトの利用は、お客さまの責任において行われるものとします。
  • 当社および当Webサイトのコンテンツの作成および配信に関与する者は、当サイトの利用によって生じたあらゆる損害に対して、一切の責任を負いません。
  • 本ソフトウェアの内容は、性能/機能の向上などにより将来予告なしに変更することがあります。
  • 本ソフトウェアは、ソフトウェア製品の機能・仕様確認、ご購入いただいたソフトウェアの更新、またはご購入いただいた製品の活用のために無償で提供されますが、本製品になんの欠陥もないという無制限の保証をおこなうものではありません。また、本ソフトウェアに関する不具合修正や質問についてのお問い合わせもお受けできない場合があります。
  • 本ソフトウェアをダウンロードし、インストールすることによって生じるいかなる問題についても、当社はその責務を負いません。

  • 本ソフトウェアに関する財産権、所有権、知的財産権、その他一切の権限は、当社に帰属します。
  • サンプルプログラムを除き、本ソフトウェアの全てまたは一部をいかなる形式、いかなる手段によっても、複製・再配布または転送することを禁じます。
  • サンプルプログラムを除き、本ソフトウェアをダンプ、逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングなどによる改変または修正しないものとします。

ダウンロードにより、上記に同意いただいたものとします。

関連製品とソリューション

ミックスドシグナルオシロスコープ DLM4000シリーズ

アナログ8チャネル、500MHz帯域オシロスコープDLM4000。高度化、高速化するパワーエレクトロニクス、カーエレクトロニクス、メカトロニクス開発に。三相インバータ・モーターの電圧/電流測定も余裕でカバー。普段使いで快適、持ち運びも苦にならないサイズの8chオシロスコープです。

トップ