プレシジョンパワーアナライザ WT5000

持続可能な社会の実現に向けて、COP21におけるパリ協定の採択、既存エンジン車の販売停止計画発表など、グローバルで太陽光/風力発電に代表される再生可能エネルギーへのシフトと、EVやPHVおよびそのインフラ網の開発が加速しています。 それらの更なる省電力化と高効率化を支援するために、従来機種の性能と機能を格段に向上させた高精度電力計です。

デモのご依頼

電力基本確度±0.03% & 7入力―高精度電力測定を究める―

世界最高クラスの精度を達成し、刻々と変化する市場要求にモジュラー構造や多彩なフィルター などでフレキシブルに対応できる、次世代のWTシリーズが誕生しました。

細部まで磨き上げた基本性能

幅広い条件にわたり、わずかな値の変化を正確にとらえます

電力確度

50/60Hz

:±(0.01% of reading + 0.02% of range)

 

DC

:±(0.02% of reading + 0.05% of range)

測定帯域

電圧

:DC~10MHz、電流:DC~5MHz

 

電力

:DC~1MHz

低力率特性

:0.02% of S(PF=0)

電圧レンジ

:1.5V~1000V(1500Vdc測定可能)

電流レンジ

直接入力

:500mA~30A(30A高精度エレメント)

 

:5mA~5A(5A高精度エレメント)

 

外部電流センサー入力

:50mV~10V(標準装備)

 

データ更新周期

:50ms~20s

 

有効入力範囲

:1~130%

 

多系統の一括同期測定を支える機能

  • 最大7入力の同時電力測定
  • 最大4モーター評価機能(オプション)
  • 最大32GBの不揮発性内蔵メモリー(オプション)
  • USB(3.0)/イーサネット/GP-IB 通信 標準装備
  • タッチパネル付きWXGA LCD採用
  • 従来モデルWTシリーズコマンド互換モード搭載
 

インバータの測定性能を向上

  • 最高10MS/s & 18bit AD変換器採用
  • 500次までの2系統同時高調波測定 標準装備
    基本波300kHzまで解析可能
    全帯域の電力と基本波成分の高精度な同時測定
  • 多彩なフィルター機能で、インバータのキャリア周波数測定
WT5000 フロント画面
 
WT5000 リアパネル WT5000パネル説明
 

WTシリーズ間の比較

WT5000/WT3000W/WT1800Eの比較 

世界最高クラスの電力基本確度 トータル±0.03%を実現

世界最高クラスの測定確度となるトータル±0.03%(50/60Hz、定格入力時)に加えて、測定帯域、DC測定確度、力率誤差も大幅に改善しました。 インバータ、リアクトル、バッテリなども含むシステムの効率をより高精度に測定できます。
さらに、広いダイナミックレンジを備えており、機器の省エネルギー設計時には欠かせない大きく変化する電流値にも対応できます。

WT5000 電力基本確度
 

最高10MS/s 18bit ADがもたらす ハイパフォーマンス

世界最高クラスの測定精度を実現するために、最高10MS/s、18bitのADコンバータを採用しました。 サンプルレートを従来よりも大幅に高速化することで、入力信号が高速に変化する最新のインバータ波形も正確にディジタル化できます。 安定した電力測定に寄与するだけでなく、高精細な波形観測も可能となりました。

 
WT5000 ハイパフォーマンス
 

現在および将来のアプリケーションをカバー 最大7入力の電力測定

従来モデルと同じ筐体サイズながら、最大7入力の電力測定を実現しました。 従来モデルでは2台を連結同期することでしか測定できなかった多入力のアプリケーションを、1台で対応できます。設置スペース、通信およびコスト面で大変有利です。 さらに、電力入力はモジュラー構造とし、お客様にて入れ替え、または増設してご使用できます。 定格入力30Aと5Aのエレメントから選択いただけます。

WT5000 7入力の電力測定
 

モジュラー構造による拡張性

電力の入力エレメントはモジュラー構造を採用しました。YOKOGAWAが長年蓄積してきた設計技術により、極めて高精度な測定回路をコンパクトな入力エレメント内部に収めることを可能にしました。 定格入力30Aと5Aから用途に合わせてお選びいただくことができ、お客様にて入れ替えや増設が可能です。 左下図のように任意に組み合わせて本体に装着することができます。さらに、各エレメントには外部電流センサー入力が標準にて搭載されており、電圧出力型の電流センサーやプローブを利用することも可能です。

WT5000 拡張性

WT5000 拡張性

スライド切り替えによる
外部電流センサー入力

 

電圧出力型の外部電流センサー用の 絶縁型BNC入力コネクタ

電圧出力型の外部電流センサーを使用する際には、直接入力端子はスライドでカバーされます。

761901 モジュール
 

誤挿入防止のための電流安全端子採用

今日の国際安全規格に対応し、より安全にお使いいただくためにWT5000では電流入力にも安全端子を採用しました。 特に高電圧の電流端子への誤挿入を防ぐために、電流入力にはオス型の安全端子を使用し、電圧用の測定リード(758917)を誤って挿入することを防止しています。 また、特に大電流用の30A電流入力側はロック機構を採用して、簡単には電流端子から抜けない構造となっており、安全かつ確実に測定していただけます。

WT5000 電流安全端子採用

電流入力で安全端子
アダプタを使用した例

 

タッチパネル&ハードウェアキーによる直観的な操作性を実現

WT5000 電流安全端子採用
 

大きな設定パネル ―正確な設定操作のために―

入力の設定など、多岐にわたる項目の詳細の設定のために、大きな全画面設定パネルをご用意しました。全体を見渡すことで、各入力間の差異の確認や、誤設定を防止できます。

WT5000 設定パネル
 

小さな設定パネル ―快適な調整作業のために―

測定結果を確認しながら、フィルターなどの特定の設定を行うパネルをご用意しました。実際の測定データを確認しながら、詳細なチューニングが可能となります。

WT5000 設定パネル
 

ハードウェアキー

頻繁に使用する機能や即時の変更が必要な場合のために、ショートカットキーとしてハードウェアキーをレイアウトしました。 タッチパネルとの組み合わせにより、快適な操作性を実現します。 なお、タッチパネルを使うことが難しい使用環境の場合でも、ハードウェアキーにより全ての操作が可能です。 さまざまなシーンに柔軟に対応できます。

 
WT5000 ハードウェアキー
 

ディスプレイフォーマットキー

全画面表示および分割画面表示の設定を簡単に切り換えられます。 分割表示の下側のGRAPHキーを押すと、分割表示の下側にグラフが表示されます。 GRAPHキーを押すたびにディスプレイはWave、Trend、Bar、Vectorと切り替わります。直観的な操作が可能です。

WT5000 ディスプレイフォーマットキー

最大4モーターの評価機能搭載(オプション)

モータ-評価機能/MTR1と/MTR2(いずれもオプション)は、1つずつ計2モーターの評価が可能です。 また、4チャネルの入力をトルクと回転速度に分けて、2つずつの計4モーターの評価にもフレキシブルに使用可能です。 インホイールモーターや四輪駆動車などのように、4モーター同時の測定が求められている場合にもご活用いただけます。

WT5000 評価機能搭載
 

最大500次の2系統高調波測定機能(標準装備)

三相入・出力などの多系統測定の要求の高まりに合わせ、高調波測定機能を2系統としました。 各々の入力は基本波成分に対し最大500次までの測定が可能です。これにより、例えばインバータではモーターの回転数からキャリア周波数の成分までの幅広い次数範囲での測定が可能となり、キャリア周波数によ従来モデルの通信コマンドをサポート るモーター駆動への影響も確認することができます。

WT5000 500次までのバーグラフ表示例

500次までのバーグラフ表示例

WT5000 ベクトルのデュアル表示例

ベクトルのデュアル表示例

 

測定データも設定情報もくまなく保存可能な 32GB不揮発性メモリー(オプション)

現場での実測における膨大な測定データの保存用として、また異なる測定対象に合わせた各種設定データの保存用として、32GBの大容量の内蔵メモリーをご用意しました(/M1オプション)。 この不揮発性メモリーを活用することで、外部メディアを準備しなくても、測定データの保存が容易となるとともに、高速な測定、データ保存も可能となりました。

WT5000 不揮発性メモリー
 

従来モデルの通信コマンドをサポート 容易な入れ替えが可能

従来モデルとなるWTシリーズの通信コマンドをサポートしています。 設定画面にてコマンドタイプを変更することで、従来のWTシリーズ用に組まれたプログラムを有効利用して動作させることができます。
※ 例として、弊社提供のTMCTL.DLLを利用してイーサネットやUSB通信を行う場合には、TmcInitialize関数の書き替えが必要となります。また、その際にはWT5000の新機能を利用することはできません。 なお、ラックマウントキットは従来モデルと異なりますので、新規にご用意ください。

WT5000 不揮発性メモリー

コマンドタイプの設定例

次世代自動車向けインバータ駆動モーターの開発と評価支援

WT5000は最大7つの電力入力エレメントを搭載可能ですので、EV/PHVなどの入・出力間の効率評価に最適です。 また、電圧・電流・電力のみならず、 モーター評価機能(/MTR1および/MTR2オプション)により、最大4モーターの回転速度、トルクおよび機械的出力の変化を同時に測定できます。

WT5000 電力基本確度
 

最高10MS/sの高速サンプリングで、 最新インバータの波形も正確に捕捉

普及に期待が高まるSiCやGaNを用いた高速スイッチング素子によるインバータ波形も、最高10MS/sの高速サンプルレートで正確に捕捉ができます。これらの波形を正確に捉えることで、安定して精度の良い電力測定が可能です。

 

バッテリの充・放電、瞬時の変化を測定

積算測定では、変化が大きいバッテリの充電と放電を極性別に測定することができます。 5MS/sの高速サンプルレートで捕捉された瞬時の正と負の電流値、電力値が積算され、それぞれの合計値を演算します。

WT5000 電力基本確度
 

多彩なフィルターで、測定全帯域での電力値ととも に基本波成分を同時に測定可能

サンプルレートの1/2を超える帯域の折り返しの影響を防ぐアンチエリアシングフィルターをはじめ、多彩なラインフィルター、周波数フィルターを揃えることで、全帯域の測定結果と同時に、モーター回転数を基本波周波数とする高調波成分を高精度に測定できます。

WT5000 Advanced settings

Advanced settingsによるラインフィルターの設定例

 

外部電流センサーを含めたオフセットを 除去可能な、個別Null

Nullは、結線した状態で外部電流センサーを含めてオフセット値をゼロにする機能です。WT5000では、入力ごとに個別でNullをON/HOLD/OFFができます。バッテリ駆動のEVやPHVでは、高精度なエネルギー収支の測定が不可欠であり、外部電流センサーを含めたオフセットキャンセルが重要です。

WT5000 Nullの設定例

Nullの設定例

 

太陽光発電など新エネルギー分野での発電―変換効率測定

太陽光・風力で発電されたエネルギーは、パワーコンディショナ内部で直流・交流から商用周波数の交流に変換されます。 また、蓄電池への充電制御装置で電圧値が変換されます。それらの変換時のロスを最小限にすることが系統全体の高効率化につながります。WT5000は1台で最大7入力の電力エレメントを搭載できますので、各変換器前後の電圧・電流・電力・周波数(交流の場合)や、変換・充電効率などを測定可能です。

 

最大1500Vdc/30A×7系統を直接測定

電圧レンジ(1.5V~1000Vレンジ、最大1500Vdc入力可能※)と電流レンジ(0.5A~30Aレンジ)の直接入力端子を搭載しているため、外部電流センサーを使わずに高精度測定ができます。パワーコンディショナの評価では、昇圧コンバータ・インバータ・蓄電池への入・ 出力など、多チャネルの電力測定が必要です。WT5000は最大7入力の電力が可能なため、多点の電力を1台で同時に評価できます。

※1500Vdc等の高電圧対応向けケーブルや端子については、ご用意ください。

WT5000 高精度測定
 

瞬時電力ピーク値の測定(MPPT制御)

太陽光発電では、取り出した電力が最大になるように、太陽電池が発生する電力を有効利用する制御(MPPT制御)が行われています。WT5000は、電圧・電流・電力値とともに、電圧ピーク値・電流ピーク値(それぞれ+側、-側)を測定できます。また、瞬時電力最大値(+側、-側)も測定可能です。

 
WT5000 高精度測定

MPPT( Maximum Power Point Tracker)制御時の電圧、電流、電力測定例

 

交流磁気特性試験

低力率時でも高精度測定が可能なWT5000を用いることで磁性材料の正確な評価ができます。 鉄心では、ヒステリシス特性あるいは渦電流によりエネルギー損失が発生します。 エプスタイン装置では、鉄損は二次コイルの電圧と一次コイルの電流から算出される電力値として測定されます。 この値には巻線分の銅損を含まないため、そのまま鉄損の測定結果となります。 WT5000を用いた場合、ユーザー定義ファンクションを使って周波数、断面積などをあらかじめ入力しておくことで、磁束密度B、および交流磁界Hを演算し、値を直接表示することが可能です。

WT5000 交流磁気特性試験

WT5000 交流磁気特性試験

 

WT5000 交流磁気特性試験


電流入力端子が安全端子となった理由は何ですか。


30A入力モジュールの入力端子が6㎜になった理由は何ですか。


ハイパスフィルターが新規に搭載された理由は何ですか。


WT1800EやWT3000Eとサイズは同じですか。


ラックマウントキットはWT3000/Eと同じものを使えますか。


モジュール対応にした理由はなぜですか。


LCD表示について詳細を教えてください。


入力エレメントが最大7となったのはなぜですか。


モーター評価機能が最大4入力になったのはなぜですか。


USBは3.0対応ですか。


通信互換モードは搭載していますか。

 

760901 30A高精度エレメント

30A 高精度エレメント
販売単位:1
価格 ¥400,000 (税抜)

760902 5A高精度エレメント

5A 高精度エレメント
販売単位:1
価格 ¥400,000 (税抜)

BNCケーブル 366924

BNC-BNC(1m)
42V以下の低電圧回路にてご使用ください
販売単位:1
価格 ¥3,000 (税抜)

BNCケーブル 366925

BNC-BNC(2m)
42V以下の低電圧回路にてご使用ください
販売単位:1
価格 ¥4,000 (税抜)

安全BNCケーブル 701902/701903

701902:1000Vrms-CATII(BNC-BNC) 1m
販売単位:1
価格 ¥5,000 (税抜)
 
701903:1000Vrms-CATII(BNC-BNC) 2m
販売単位:1
価格 ¥6,000 (税抜)

B9284LK 外部センサー用ケーブル

外部入力接続用ケーブル 50cm 水色
販売単位:1
価格 ¥4,000 (税抜)

測定リードセット 758917

1000Vrms-CATⅡ 0.75m、安全端子(バナナ オス)-安全端子(バナナ オス) 赤黒2本セット
701959, 758921, 758922, 758929などと組合せて使用
販売単位:1
価格 ¥5,500 (税抜)

ワニグチアダプタ(小) 758922

定格300V 300Vrms-CATII 赤黒2ヶセット、安全端子(バナナ メス)-ワニグチ変換
販売単位:1
価格 ¥2,200 (税抜)

安全端子アダプタセット 758923

バネ押さえタイプ (バナナ オス)、 赤黒2ヶセット
販売単位:1
価格 ¥2,800 (税抜)

ワニグチアダプタ(大) 758929

定格1000V 1000Vrms-CATII 赤黒2ヶセット、安全端子(バナナ メス)-ワニグチ変換
販売単位:1
価格 ¥3,500 (税抜)

安全端子アダプタセット 758931

ネジ締めタイプ (バナナ オス)、 赤黒2ヶセット
ケーブル固定用1.5mm六角レンチ(B9317WD)付
販売単位:1
価格 ¥2,000 (税抜)

大電流用安全端子アダプタセット 761951

30A電流端子に接続して使用するアダプタ
販売単位:1
価格 ¥10,000 (税抜)

電流用安全端子変換アダプタセット 761952

5A電流入力端子に接続して使用するアダプタ
販売単位:1セット
価格 ¥4,000 (税抜)

電流用安全端子アダプタセット 761953

安全端子アダプタ(ネジ締めタイプ、電流入力用)
販売単位:2個(1セット)
価格 ¥4,000 (税抜)

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。


お問い合わせ
トップ