アクセサリ

光源モジュール AQ2200-112

  • レーザタイプ:DFB-LD
  • 波長:1310nm、1550nm、1625nm、1650nm
  • 1チャネルまたは2チャネル
  • 光出力:+10dBm以上
  • 高レベル安定:±0.005dB(5分間)

従来機種と比べて、エネルギー、CO2を約28%削減
ライフサイクルアセスメント結果

アプリケーションノート
概要:

Ge-PON用に用いられる3波長光フィルターは1490nmと1550nmの光信号を分岐し、また戻り方向に1310nmの光信号を通過させる機能を持ちます。
このシステムでは、各ポート間の通過すべき波長に対する挿入損失と、阻止すべき波長に対するアイソレーションを一回の接続で測定します。

【測定項目】

・挿入損失:1→2 1490nm、1→3 1550nm、2→1 1310nm
・アイソレーション:1→2 1550nm、1→3 1490nm、2→3 1310nm

PON用光スプリッタ測定システム
アプリケーションノート
概要:

MPOコネクタアダプタやMTコネクタアダプタ、テープ心線アダプタを光センサヘッドに実装することで、多心ファイバー出力を直接計測することが可能です。
スイッチモジュールと併用することで、多心ファイバーの損失計測システムが容易に構築できます。

多心ファイバーの損失測定

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。


お問い合わせ
トップ