オシロスコープ用ソフトウェア

測定業務にPCを効果的に活用していただくための充実したソフトウェア製品群をご用意しています。 高度な波形解析と測定器との通信機能を持つ「Xviewer」、MATLABからのリモート制御を可能とする「MATLAB ツールキット」、フリーソフトウェアとして、波形簡易確認のための 「XviewerLITE」、測定器表示画面データのPCへの転送・ 表示のための「XWirepuller」をご用意しています。 さらに、カスタムソフトウェアからの制御のためのライブラリや計測器ドライバなど、各種開発用環境も充実しています。

  • Xviewerは、弊社のDLMシリーズ/ DLシリーズ/ SLシリーズ/ WE7000/ SB5000で測定したデータをPC上で波形表示(ビューア)、データフォーマット変換が可能なソフトウェアです。
    さらに、DLMシリーズ/ DLシリーズ*/ SB5000と組み合わせることで、オンラインファイル転送、パーソナルコンピュータ(PC)から測定器のリモートコントロールも可能です。(*:機種によって異なります。)
    有償版Xviewerの他に、機能を限定した無償(フリー)ソフトウェアXviewerLITEもご用意しています。

  • XWirepullerは、イーサネット/USB/GP-IBインタフェース経由で計測器をPCからリモートコントロールするフリーソフトウェアです。
    計測器本体のフロントパネルイメージ (コントロール画面)がPC画面に表示され、計測器本体のキーを操作と同様のイメージで、離れた場所にあるPC上でのマウス操作によって計測器を自由にコントロールでき、測定結果を確認できます。
    (有償ソフトウェアXviewerの計測器制御とほぼ同等機能です。)

  • 本ソフトウェアは、スコープコーダで測定したデータ(WDF)ファイルから波形データを読み込み、MATLABへのデータインポートサポートする、mスクリプトによるシンプルな波形取得APIです。

  • 本製品は、CANdbデータ、IBEXデータ、LDFデータを元にシリアルバス解析用のシンボル定義データを作成/編集を行うソフトウェアです。

    また、各種シリアルバス解析用物理値定義や、ロジックシンボルの定義を、独自に新規作成/編集することができます。

  • 本製品は、DLMシリーズ/DL6000シリーズ/DL9000シリーズ/SB5000で使用するマスクパターンを作成するソフトウェアです。作成したマスクパターンを、製品本体に読み込ませて、マスクテスト、GO/NO-GO判定やヒストリサーチに使用できます。

  • DLシリーズ/DLMシリーズ/SL1400用の通信コマンドラインツールです。DLシリーズ/DLMシリーズ/SL1400 通信ライブラリを利用したプログラムを開発する際のツールの一つとしてお使いください。

  • 本ツールは、弊社DLシリーズディジタルオシロスコープ・スコープコーダで保存されたデータファイル(拡張子:wdf)を、拡張子:wvfフォーマットのデータファイルおよびアスキーヘッダファイル(拡張子:hdr)へ変換するものです。

  • DL350の測定データや設定ファイルを管理するソフトウェアです。DL350本体内のSDカードに保存された測定データや設定ファイルを、ボタンひとつでPCへ簡単にバックアップできます。

  • 本ソフトウェアは、当社の測定器で保存された波形データファイル(WDF)から、測定時などのデータを取得するためのAPI(Application Program Interface)を提供するものです。

  • XviewerEYEは、映像と波形を同期して表示できる画期的なソフトウェアです。
    DL850/ DL850Eシリーズ/ DL350/ SL1000やオシロスコープで、多チャネル・長時間測定したセンサーや機器からの波形データと、高速度カメラ(ハイスピードカメラ)で撮影した映像データを高度に同期させて同時に表示できます。

  • 横河計測のオシロスコープやスコープコーダの計測データを使って、高度な解析やレポート作成が可能なソフトウェアです。

    • DIAdem
    • Oscope2
    • Flexpro


    DLM/DLシリーズのWDFファイルを直接読み込むことができます。

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。


お問い合わせ
トップ