半導体・組み込みシステム

YOKOGAWAは、I2C、SPI、CAN、LIN、SENT、PSI5、CXPI、FlexRayなどのシリアルバスの専用解析およびサポートを提供しています。私たちは、デジタルとアナログの同時テストの必要性を理解し、これらに適したマルチチャネル通信シリアルバスアナライザを提供します。 高速、高分解能なデータ収集ユニットSL1000は、独立した絶縁信号測定を100MS / chレートで提供し、ビット分解能、メモリ長、またはストリーミング性能を損なうことはありません。

製品紹介

使い方

    概要:

    スコープコーダDL350には入力を物理値で示すリニアスケーリング機能があります。
    この機能は測定値に比例し電圧値を出すようなセンサー等を使用した測定で役立ちます。
    本動画は圧力伝送器を用いてリニアスケーリング機能についてご紹介いたします。

    概要:

    IEC61000-3-11などの規格に対するAC電源をテストするアプリケーションでは、電圧および電流信号を監視して信号に急激なディップ(下降)や、スウェル(上昇)を確認する必要があります。

    規格をテストするには、ISO17025やNISTなどの国家標準の校正にまでトレースバックできる精度が測定器に備わっている必要があります。

    このビデオでは、PX8000プレシジョンパワースコープを使用して電力信号の過渡現象を測定する方法をご紹介します。

    概要:

    メモリーレコーダモードの「かんたん設定」機能について紹介します。
    メモリーレコーダモードは、記録時間、サンプル間隔、 チャネルを設定するだけで、長時間のデータが簡単に記録できます。
    デモンストレーション内容:16CH 温度/電圧入力モジュール720221と熱電対を用いた温度データのSDカード記録

    概要:

    CANバス通信は、信頼性の高いデータ伝送が最優先される運輸業界で広く使用されています。
    適切な機器を使用することで、これらの通信の監視と記録が簡単になります。
    このビデオでは、DL950 スコープコーダをセットアップして、モータードライブの温度とその電圧および電流出力を測定する方法をご紹介します。

    概要:

    初期設定が不要で手間のかからない、高速データ転送ソリューションをお探しですか?

    DL950 スコープコーダの10Gbpsイーサネットオプションは、従来のイーサネットやUSB接続の50倍の速度を実現し、高速データのキャプチャと記録のプロセスを簡素化します。

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。


お問い合わせ
トップ