電子部品

YOKOGAWAは、産業用および民生用電子機器産業におけるユニークな設計と検証のニーズに対応するために、数々の計測機器を開発しています。 特に、お客様の市場投入時間、研究開発コスト、包括的なテストのための効果的なソリューションに重点を置き、ミックスドシグナルオシロスコープDLMシリーズなどの強力な設計ツールを提供しています。それは、シリアルバスアナライザ、ロジックアナライザ、従来のオシロスコープとして機能し、最大の柔軟性とパフォーマンスを実現します。また、電力計測技術は、クラス最高の精度と安定性を提供します。デジタルパワーアナライザは、一般的なトラブルシューティング、検証デザイン、または製造テストに最適です。

YOKOGAWAは、電子テストのニーズに合わせて設計し、テクノロジの革新を続けています。

製品紹介

使い方

    概要:

    スコープコーダDL950の複数台同期インターフェースオプションは、最大5台のDL950を同期させ、最大160チャネルの電圧、電流、温度、ひずみ測定が可能となります。
    このビデオでは、複数のDL950 の接続、設定、測定を行い、統合計測ソフトウェアプラットフォームIS8000を使用して、すべてのDL950からデータを取得する方法について説明します。

    概要:

    消費電力測定ソフトウェアとWT300シリーズを使用して、IEC62301 待機電力テストを簡単に実施する方法をご紹介します。

    概要:

    Having multiple memory options allows engineering groups to optimize how data is stored, no matter if you need to record for a long time at slower sampling rates, do a fast capture at high sampling rates, or anything in between.

    The Yokogawa Test&Measurement DL950 ScopeCorder operates as an oscilloscope and incorporates the ability to record data for long periods of time like a data acquisition recorder. There are four memory types on the DL950 ScopeCorder: internal memory, solid state drive, flash memory, and PC storage through the IS8000 Integrated Test and Measurement Software Platform. This videos talks about the advantages of each of these and how to pick the best data recording method for you.

    概要:

    CANバス通信は、信頼性の高いデータ伝送が最優先される運輸業界で広く使用されています。
    適切な機器を使用することで、これらの通信の監視と記録が簡単になります。
    このビデオでは、DL950 スコープコーダをセットアップして、モータードライブの温度とその電圧および電流出力を測定する方法をご紹介します。

    概要:

    初期設定が不要で手間のかからない、高速データ転送ソリューションをお探しですか?

    DL950 スコープコーダの10Gbpsイーサネットオプションは、従来のイーサネットやUSB接続の50倍の速度を実現し、高速データのキャプチャと記録のプロセスを簡素化します。

    概要:

    スコープコーダDL350には入力を物理値で示すリニアスケーリング機能があります。
    この機能は測定値に比例し電圧値を出すようなセンサー等を使用した測定で役立ちます。
    本動画は圧力伝送器を用いてリニアスケーリング機能についてご紹介いたします。

    概要:

    IEC61000-3-11などの規格に対するAC電源をテストするアプリケーションでは、電圧および電流信号を監視して信号に急激なディップ(下降)や、スウェル(上昇)を確認する必要があります。

    規格をテストするには、ISO17025やNISTなどの国家標準の校正にまでトレースバックできる精度が測定器に備わっている必要があります。

    このビデオでは、PX8000プレシジョンパワースコープを使用して電力信号の過渡現象を測定する方法をご紹介します。

    概要:

    メモリーレコーダモードの「かんたん設定」機能について紹介します。
    メモリーレコーダモードは、記録時間、サンプル間隔、 チャネルを設定するだけで、長時間のデータが簡単に記録できます。
    デモンストレーション内容:16CH 温度/電圧入力モジュール720221と熱電対を用いた温度データのSDカード記録

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。


お問い合わせ
トップ