アクセサリ

光センサヘッド AQ2200-232 / AQ2200-242 光インタフェースモジュール AQ2200-202

空間光測定のための大口径センサヘッド

AQ2200-232はφ5mm、AQ2200-242は□5.8mmの受光素子を搭載し、手元での空間光を測定できます。

大口径の受光素子を搭載
φ5mm(AQ2200-232)、□5.8mm(AQ2200-242)
多心コネクタ/ケーブル測定
AQ9340/AQ9436C/AQ9440Cが必要
パワーレンジ:-90~+15 dBm(AQ2200-232)
-90~+10 dBm(AQ2200-242)
不確かさ:±1.8%(1310 nm、AQ2200-232)
±2.5%(850 nm、AQ2200-242)
高速測定:100 µm(最小アベレージ時間)

AQ2200-202 インターフェースモジュールに2台接続可能
※AQ2200-202 インターフェースモジュールが必要。

従来機種と比べてCO2を 約39%削減(AQ2200-232)
従来機種と比べてCO2を 約36%削減(AQ2200-242)

ライフサイクルアセスメント結果

MPOコネクタアダプタ AQ9340

AQ9340-12:適用心数:12心、24心(IEC-61754-7)
ガイドピンあり/なしの両タイプに対応
 
AQ9340-16:適用心数:16心、32心
ガイドピンあり/なしの両タイプに対応

テープ心線アダプタ AQ9436C

適用心数:2、4、8、12心
融着器用テープファイバーフォルダに対応

MTコネクタアダプタ AQ9440C

適用心数:2、4、8、12、24心
アプリケーションノート
概要:

MPOコネクタアダプタやMTコネクタアダプタ、テープ心線アダプタを光センサヘッドに実装することで、多心ファイバー出力を直接計測することが可能です。
スイッチモジュールと併用することで、多心ファイバーの損失計測システムが容易に構築できます。

多心ファイバーの損失測定

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。


お問い合わせ
トップ