ミックスドシグナルオシロスコープ DLM3000シリーズ

DLM2000シリーズの機能・操作性を継承、タッチスクリーンと500Mptsロングメモリー搭載

DLM3000シリーズは、小型軽量コンパクトながら大容量ロングメモリーと豊富な解析機能で好評いただいてきたDLM2000シリーズに、直観的操作が可能なタッチスクリーンを搭載、メモリーを最大500Mポイント(/M2オプション)まで拡張、入力感度やアクイジションレートなど様々な改善を施した、新設計の2/4チャネル ミックスドシグナルオシロスコープです。 8bitのロジック入力や、I2C、SPI、UART、LIN、CAN、CAN FD、FlexRay、SENT、CXPIのシリアルバスをサポート。最大100,000枚のヒストリ機能と大容量ロングメモリーで、お客様の開発から評価、トラブルシュートまで幅広くお使いいただけます。

What's New


無料レンタル

  dlm3000モニター募集

プレミアムコンパクトなオシロスコープ

DLM2000の機能・操作性をそのままに、さらに使いやすく、さらに高機能になった 「プレミアムコンパクト」なオシロスコープ

DLM3000は、DLM2000でも好評な場所をとらない縦型デザインで、4.2kgと軽量・コンパクトな本体に、8.4型TFTカラータッチスクリーンを搭載、メモリーも500Mポイントに拡張しました。お客様が、確実に目的の波形を捕る、波形を詳細に観る、そしてデータをストレスなくDLM3000本体やPCに仕舞うことができるよう、様々な仕様・機能を詰め込んだ「プレミアムコンパクト」なオシロスコープに仕上げました。

快適な操作性

  • 縦型デザイン、軽量4.2kg
  • 8.4型カラーTFT液晶タッチスクリーンによる直観的な操作
  • 機敏に応答するユーザーインタフェース
  • 豊富なシリアルバス解析。独自のオートセットアップ機能で面倒な設定を自動化
  • 非Windows OSだから、面倒なWindows Updateやアンチウィルスソフトが不要

捕る

  • 200MHz/ 350MHz/ 500MHzの2/4チャネルの6モデルを用意
  • 全チャネル 同時2.5GS/sのサンプルレート
  • 500Mポイントのロングメモリー(オプション)
  • チャネルごとに設定可能な14種類のフィルターでノイズを除去

観る

  • 表示波形の自動分割機能で、ノブ操作での表示位置の移動が不要
  • リアルタイムの2か所ズーム&サーチ機能で、見たい箇所を詳細に解析
  • 最大100,000個のヒストリメモリー&サーチ機能で、過去の波形を簡単検索
  • 最大4系統バス同時解析
  • PC不要のメジャー機能、統計機能、MATH機能
  • ユーザー定義演算(/G02オプション)
  • 電力パラメータ演算(/G03オプション)

仕舞う

  • 60GB内蔵SSD(オプション)で、長時間データを高速保管
  • 保存データのサムネイル表示で、らくらくデータ管理
  • USB3.0やギガイーサネットで、PCへ高速データ転送
  • 内蔵プリンタで、現場での印刷にも対応

 

DLM3000とDLM2000の比較

項目

DLM3000

DLM2000比

画面

8.4型TFTカラータッチパネル

タッチパネル搭載

残留ノイズ

0.2 mVrms

1/2

感度

500 uV/div

4倍

最大入力電圧

300 Vrms

2倍

サンプルレート

2.5 GS/s(全CH)

2倍

レコード長

500 Mポイント

2倍

内蔵ストレージ

SSD 60GB
Read/Write速度

約10倍

PCへのデータ転送

USB3.0での高速通信

約10倍

→ DLM2000の情報はこちら

 

DLM3000シリーズラインアップ

形名

DLM3022

DLM3032

DLM3052

DLM3024

DLM3034

DLM3054

周波数帯域

200MHz

350MHz

500MHz

200MHz

350MHz

500MHz

チャネル数

アナログ 2

アナログ 4 または
アナログ 3 + ロジック8bit

最高サンプルレート

2.5GS/s

垂直分解能

8bit

最大レコード長

125Mポイント
(Single測定、 ch1のみ使用)

500Mポイント
(Single測定、 奇数チャネルのみ使用、 /M2オプション)

 

幅広い製品ラインアップ

横河計測は、オシロスコープ以外に、DMMやファンクションジェネレータなどの基本測定器や、様々な物理信号を長時間記録可能な「オシロスコープとレコーダのいいとこどり」のスコープコーダ、電力測定器、光測定器などを取りそろえています。

オシロスコープをお使いのお客様のご要望への対応の一例

ご要望

対応製品

5ch以上のアナログ信号を見たい

ミックスドシグナルオシロスコープ
DLM4000シリーズ

9bit以上のロジック信号を同時に見たい

絶縁オシロがほしい

スコープコーダ
DL850E/DL850EV、DL350

多chで測定したい

アナログ信号に加え、温度、ひずみ、周波数、シリアルバスなどを統合的かつ長時間で見たい

 

お電話によるお問い合わせ
横河計測 カスタマサポートセンター
フリーダイヤル:0120-137-046
受付時間:平日 9:00-12:00、13:00-17:00

小型・軽量&タッチスクリーン

見やすい、使いやすい

DLM3000シリーズは、見やすく、使いやすい、コンパクトな「Myオシロ」です。

  • 人間工学に基づいた縦型デザインで設置面積はA4の2/3
  • 8.4型TFTカラー液晶タッチパネル(XGA)
  • 4.2kgと軽量

DLM3000シリーズ

DLM3000シリーズ重さ

 

 

DLM3000シリーズ設置面積

タッチスクリーンでの直観的操作

8.4型TFTカラー液晶タッチパネル(XGA)を採用し、タッチ方式のユーザーインタフェースで直観的な操作が可能です。 カーソル、ズームボックス、波形表示領域などがドラック、ピンチ操作で素早く設定できます。

波形パラメータ項目選択の例

波形パラメータ項目選択の例

ピンチ操作でのズーム

ピンチ操作でのズーム

アナログ・ロジック同時測定

ハイブリッドチャネル

DLM3000シリーズは、CH4のアナログ入力をロジック8bitに切替えて、アナログ3ch&ロジック8bitのMSO(ミックスドシグナルオシロスコープ)として機能します。

ハイブリッドチャネル

 

最大11入力のミックスドシグナル解析

ロジック入力を使用すれば、アナログ3chとロジック8bitの、最大11個の入力信号を同時に観測することができます。 ロジック入力をデータ信号/制御信号の観測やトリガー源として使用するだけでなく、ロジック入力でのI2CバスやSPIバスのシリアルバス解析も可能です。 ロジック入力使用時は、最高サンプルレートは1.25GS/sになります。

ロジックプローブPBL100, PBL250

ロジックプローブ PBL100, PBL250

接続例

ロジックプローブ接続例

最大500Mポイントのロングメモリー

長時間測定と2か所同時ズーム表示

オシロスコープでは、測定時間と、レコード長、サンプルレートは次の式で表されます。
〈基本関係式〉 測定時間= レコード長÷ サンプルレート
一般には時間軸分解能を落として測定時間を長くすると、レコード長が限られるためにサンプルレートは低下します。一連のシーケンスの検証など長時間測定において、サンプルレートを高速に保つためにはロングメモリーが不可欠です。

500Mポイントのメモリー(4chモデル、オプション/M2)を搭載した場合、シングルモード2ch測定時には、サンプルレート2.5GS/sでも、最大0.2秒の波形が捕捉できます。

長時間測定した波形データは、20万倍まで可能なズーム倍率を個別に設定できる2か所ズームで詳細に観ることが可能で、解析の自由度が広がります。

サンプルレート

 

ロングメモリー

 

ロングメモリーから異常箇所を探し出すサーチ機能

ロングメモリーに取り込んだ波形を検索し、検索点を含む波形をズームエリアに表示します。検索された波形の位置は、画面内にマーク表示されます(現在位置は▼で表示)。

波形検索の条件
エッジ/ パターン/ パルス幅/ タイムアウト/ シリアルバス(シリアルバス解析オプション搭載モデルのみ)

サーチ機能

 

過去の波形を自動的に記録する、最大100,000個のヒストリ機能

見過ごした過去の波形も自動的に記憶。異常波形を見逃さない。

一般的に、オシロスコープはトリガーがかかった最新の画面を表示するため、過去の波形データは失われます。DLM3000シリーズでは、ユーザーの設定無しに自動的に、過去に取り込んだ波形を最大100,000個、アクイジションメモリーに保持できます。ヒストリ機能では過去に取り込んだ波形(ヒストリ波形)のうち、指定した1波形を画面に表示したり、全ての波形を一括して表示したりできます。また、ヒストリ波形に対してカーソル測定、演算などができます。

ヒストリ機能は、以下の場面で非常に有効です。

  • トリガーがかけられない、トリガー条件が複雑になる、DUTを使える時間が限られる
    • エッジトリガーでとりあえず補足し、後から検索で目的の波形を取り出すことができます。
  • 複雑なトラブルの解析
    • 時系列ごとに1枚づつ解析することが出来ます。
    • ヒストリ波形をプレイバックしながら、複数のチャネルでの現象を過去にたどることで、真の原因を突き止められます。
  • ジッターの観測
    • 通常の重ね描き(アキュムレート)機能ではジッターの存在は観測できますが、チャネル間の関係や時刻は判りません。ヒストリ機能での重ね書きの中から目的の波形を取り出し、チャネル間の関係などをカーソル機能などで確認できます。

ジッターの観測

 

見たい波形を検索する、ヒストリサーチ機能

最大100,000のヒストリ波形の中から、条件に合う波形を検索するために、様々な検索手段が用意されています。

  • 検索条件を4つまで設定可能
  • 検索条件に一致する画面のみを抽出、リスト表示が可能
  • 検索した波形データは、カーソルやメジャー機能を使用可能
  • 検索した波形データを個別にファイルに保存可能

 

波形検索の条件例

波形検索_四角いゾーン

画面内に四角いゾーンを置き、そのゾーンを通るか、通らないかで波形を検索できます。

波形検索_ゾーンから出た波形

測定波形を上下に動かして合成したゾーンから出た波形を検索できます。

ヒストリ波形を再生する、リプレイ機能

ヒストリ波形をあたかも動画のように自動的に再生、停止、早送り、巻き戻しができます。

ヒストリ機能

ヒストリ機能

 

アナログ・ディジタル混在の複雑な波形も捕らえるトリガー機能

DLM3000シリーズは、手軽で簡単に設定できるエッジトリガー、複雑な現象をとらえるエンハンストトリガーやBトリガーなど、アナログ入力とロジック入力を組み合わせた多彩なトリガー機能を搭載しています。 DLM3000シリーズはディジタルトリガー方式を採用し、トリガーエラーが小さくなっています。

トリガー機能

 

トリガー機能例

A to B(n) トリガー
条件A成立後、条件Bがn回成立したときにトリガーをかけます。 規格外の映像信号の垂直・水平同期やモーターの基準位置パルスと駆動パルスなど、タイミングをずらして測定するのに有効です。

トリガー機能

シリアルパターントリガー(CAN FDの場合)
次のデータでトリガーが可能です。

  • SOF:フレームの開始位置でトリガー
  • Error Frame:エラー検出でトリガー
  • ID:ID のビットパターンでトリガー
  • ID OR:複数のID のビットパターンのOR 条件でトリガー

シリアルパターントリガー

ノイズ除去に最適。8kHzから200MHzまで幅広く対応したフィルター

多くの測定において、クリアな波形を得るためにノイズを除去することは重要です。 DLM3000シリーズは、入力回路でリアルタイムに処理されるフィルターと、演算機能によるフィルターの2種類を搭載しています。不要な信号を除去し、必要な帯域だけを観測するのに有効です。

リアルタイムフィルター

8kHzから200MHzまで14種類のローパスフィルターが各チャネルに搭載されています。帯域制限された波形が内部のメモリーに保持されます。

カットオフ周波数:
200MHz/ 100MHz/ 20MHz/ 10MHz/ 5MHz/
2MHz/ 1MHz/ 500kHz/ 250kHz/ 125kHz/
62.5kHz/ 32kHz/ 16kHz/ 8kHz

リアルタイムフィルター

 

演算によるディジタルフィルター

演算機能のIIRフィルターを使って、入力波形にフィルター処理をします。入力波形とフィルター処理後の演算波形を同時に表示して比較することができます。ローパス、ハイパスフィルターの選択や、カットオフ周波数が任意に設定できます。

カットオフ周波数設定範囲:
500MHz ~ 0.01Hz

ディジタルフィルター

 

ズーム&サーチ機能

個別の倍率で2か所同時ズーム

DLM3000シリーズは、最大20万倍までのズーム倍率を個別に設定できるので、時間軸スケールの違う拡大波形を2か所同時に表示することができます。 ズーム1の中をさらにズーム2で表示すること(Zoom in Zoom)も可能です。
また、Auto Scroll機能を用いれば、ロングメモリーで取り込んだ波形のズーム表示位置を、自動的にスクロールして、拡大位置を移動できます。
Auto Scrollは、前進、後退、早送りなど、移動速度を自由に選べます。

リアルタイムフィルター

 

2つの波形検索機能で、異常波形を見つけ出す

大容量メモリーから必要なデータを抽出する機能がなければ、データの検索に時間を費やし、ロングメモリーを有効に活用できません。DLM3000シリーズはメモリーが長いだけでなく、波形の検索機能も充実しています。

1. 1つの画面からデータを検索:ズームサーチ機能
ロングメモリーに取り込んだ波形を検索し、検索点を含む波形をズームエリアに表示します。検索された波形の位置は、画面内にマーク表示されます(現在位置は▼で表示)。

波形検索の条件
エッジ/ パターン/ パルス幅/ タイムアウト/ シリアルバス(シリアルバス解析オプション搭載モデルのみ)

ディジタルフィルター

2. ヒストリ波形を検索:ヒストリサーチ機能
過去に取り込んだ最大100,000波形の中から、条件を指定して必要な波形を抽出します。

ヒストリ機能

波形検索の条件例

波形検索_四角いゾーン

画面内に四角いゾーンを置き、そのゾーンを通るか、通らないかで波形を検索できます。

波形検索_ゾーンから出た波形

測定波形を上下に動かして合成したゾーンから出た波形を検索できます。

 

業務効率向上に役立つ機能

メジャー機能

最大、最小、Peak-Peak、パルス幅、周期、周波数、立ち上がり/ 立ち下り時間、デューティー比など、29種類の波形パラメータを搭載し、最大30個の波形パラメータを同時に自動測定できます。

メジャー機能

 

統計演算機能

波形パラメータの自動測定値に対して、次の5項目の統計値を表示します。統計処理の対象にできる自動測定項目は、最大9つです。

  • 最大値(Max)
  • 最小値(Min)
  • 平均値(Mean)
  • 標準偏差( σ )
  • 統計処理の対象にした測定値の数(Count)

◆ パラメータ統計演算
波形を取り込みながら、それまで取り込んだすべての波形に対して統計処理をします。

◆ サイクル統計演算
自動的に計算で求められた周期で、表示されている波形を区切り、区切られた1つ1つの周期内の測定値を対象に、統計処理します。

◆ ヒストリ統計演算
選択したヒストリメモリーの各トリガー波形の波形パラメータを算出し、統計処理します。

 

トレンド表示、ヒストグラム表示

パラメータ測定結果は数値としての表示だけでなく、トレンドやヒストグラム表示ができ、変化やばらつきの様子を視覚的に確認できます。 複数波形間の周期、パルス幅、振幅などの波形パラメータ変動や一画面内の波形の周期変動等のトレンド表示したり、値の分布をヒストグラムで確認できます。

波形パラメータの(パルス幅)トレンド表示例

波形パラメータの(パルス幅)トレンド表示例

 

演算機能

測定波形および演算波形に対し演算を行い、演算波形またはリファレンス波形を2つまで表示できます。

演算子

  • 加減乗算
  • 位相シフト/ 移動平均/ IIRフィルター
  • 積分
  • 指定波形のエッジまたは指定2波形の位相変化のカウント
  • ユーザー定義(/G02オプション)

 

カーソル測定

表示されている波形にカーソルを当てて、カーソルと波形の交点の各種測定値を表示できます。

カーソルは5種類を用意

  • ΔT
  • ΔV
  • ΔT&ΔV
  • マーカー
  • 角度カーソル

ΔV&ΔTカーソルでの電圧値、時間差測定例

ΔV&ΔTカーソルでの電圧値、時間差測定例

 

FFT解析

最大2つのFFT解析が同時に可能です。FFTはCH1~CH4までの実波形の他、演算波形に対しても実行できます。 フィルターをかけて帯域制限した波形の周波数成分の解析や、回転体の周期変動の周波数解析などが可能です。自動ピーク検出も可能です。

FFT解析例

FFT解析例

 

スナップショット – ワンタッチで波形を残す

画面右下の「カメラマークのイラスト」キーを押すと、その時に表示されている波形を画面に白いトレースで残すことができます。キーを押すたびに画面に追記されますので、複数の波形を比較する場合に有効です。

また、画面に記録されたスナップショットのデータは、ファイルに保存・読み出しが可能ですので、比較用の基準波形としても利用できます。

スナップショット

スナップショット使用例(白い波形)

 

保存ファイルをサムネイル表示

波形データ、波形イメージデータ、Wave-Zoneファイルのサムネイルが画面で表示されます。イメージとファイル名が表示されますので、画面イメージを確認しながらファイルのコピーや削除ができます。
通常の画面サイズだけでなく、時間軸を2倍に拡大したワイドタイプのイメージファイルも保存可能です。

サムネイル表示例

サムネイル表示例

 

GO/NO-GO機能とアクションオントリガー機能

トリガー条件、ゾーン波形、波形パラメータなどを条件に、合否(GO/NO-GO)を判定します。

アクションオントリガー機能
NO-GOの場合には、以下のアクションが並列で設定可能です。

  • ビープ音を鳴らす(Buzzer)
  • 画面イメージを印刷 / 保存(Print)
  • 波形データを保存(SaveWavefrm)
  • 指定アドレスにメール送信(Send Mail)

GO/NO-GO機能

 

グラフィカル・オンライン・ヘルプ

オシロスコープの機能について、ディスプレイ右下の「?」マークのキーを押すとグラフィカルで詳細な機能説明が表示されます。取扱説明書を見なくても、機能を製品画面で確認できます。

ヘルプボタン

グラフィカル・オンライン・ヘルプ

 

アプリケーション用解析オプション
シリアルバス解析機能(/F01~/F05オプション)

UART(RS232) / I2C / SPI / CAN / CAN FD / LIN / FlexRay / SENT / CXPI に対応

組込みシステムや車載用の各種シリアルバス信号でのトリガー、デコード表示解析が可能です(シリアルバス解析オプションは4chモデルのみ搭載可能)。
また、UART/ I2C/ SPI/ SENT は、ロジック入力も利用できます。

シリアルバス解析対応の入力

 

アナログ入力

ロジック入力

UART

I2C

SPI

CAN

CAN FD

LIN

FlexRay

SENT

CXPI

 

独自のオートセットアップ:

多くのオシロスコープは、メニューや操作が複雑だったり、ビットレートや電圧レベルなどの初期設定に時間がとられ、多くのエンジニアが苦痛に感じています。
DLM3000シリーズは独自のオートセットアップ機能を搭載。オシロスコープが自動で入力信号を判断し、ビットレートや電圧レベルなどの面倒な初期設定を行います。

 

最大4バス同時解析:

4つのバスを同時に解析し、波形と対応させたデコード表示やリスト表示が可能です。速度の異なるバスが混在している場合でも、2画面ズームで詳細に確認できます。

オートセットアップ例

オートセットアップ例

4バス同時解析・リスト表示例

4バス同時解析・リスト表示例

 

ユーザー定義演算機能(/G02オプション)

測定した波形および演算波形に対し、ユーザー定義の演算を2つまで登録、実行できます。
演算波形またはリファレンス波形を2つまで表示できます。
ユーザー定義演算機能オプションは、4chモデルのみで利用可能です。

演算子

  • 基本演算:四則演算、絶対値、平方根、常用対数、自然対数、指数、2乗
  • 三角関数演算: SIN、COS、TAN、ASIN、ACOS、ATAN、位相差
  • 微積分演算:微分、積分
  • フィルター演算:IIRフィルター、ヒルベルト関数、移動平均、位相シフト、2値化
  • パルス幅演算:立上りから次の立上りまで、立上りから次の立下りまで、立下りから次の立上りまで、立下りから次の立下りまで、立上り/ 下りから次の立上り/ 下りまで、パルス幅演算PWHH の逆数、入力波形の各周期内の+(High)側デューティー比、入力波形の各周期内の−(Low)側デューティー比
  • D/A変換:ロジック波形のD/A変換

 

電源解析機能(/G03オプション)

スイッチング損失、ジュール積分(I2t)、SOA(安全動作領域)解析、EN61000-3-2に基づく電源電流の高調波解析や、有効電力、力率等の電力パラメータ測定機能をオプションで搭載できます(4chモデルのみ搭載可能)。

スイッチング損失の解析

電圧・電流波形を入力し、スイッチング損失[V(t)×i(t)]を演算します。 スイッチング損失は、ターンオン/オフの個別損失計算、導通損失含めた損失、50Hz/60Hz周期の長周期での損失など、 多様な解析手法に対応しています。 また、サイクルモードを用いることで、損失を求める積分演 算の範囲をスイッチング周期で切り出せるため、より正確な解析が可能です。ロングメモリーを活かし、長時間の現象も解析できます。

解析機能

解析機能

 

電力パラメータ測定機能

最大2組の電圧、電流波形に対して有効電力/ 皮相電力/ 無効電力/ 力率などの電力パラメータを自動測定することができます。二電力計法による三相電力のΣ演算や測定結果の統計処理なども可能です。

電力パラメータ測定機能

 

オプション追加ライセンス

ご使用中のDLM3000シリーズに、お客様ご自身でオプション機能を追加するためのライセンス製品です。
本ライセンス製品は4chモデルにのみ有効です。

形名

仕様コード

記事

709811

-G02

ユーザー定義演算

-G03

電源解析機能

-F01

UART+I2C+SPIトリガー&解析

-F02

CAN+CAN FD+LINトリガー&解析

-F03

FlexRayトリガー&解析

-F04

SENTトリガー&解析

-F05

CXPIトリガー&解析

 

多彩なコネクティビティ

コネクティビティ

コネクティビティ

 

コネクティビティ

 
  • DLM3000シリーズは、PCとUSBで接続すると、USBストレージとして認識されます。
  • USBインタフェースで、キーボード、マウス、USBプリンタ、USBストレージが使用可能です。
  • 全てのデータは、内蔵SSD、USBストレージ、ネットワークストレージに保存できます。
  • 画像イメージは、内蔵プリンタやUSBプリンタ、ネットワークプリンタへの印刷、および内蔵SSD、USBストレージ、ネットワークストレージへ、PNG、BMP、JPEG形式で保存が可能です。
  • オプションでGP-IBをサポートしています。
 

PCとの高速データ通信

ギガビットイーサネットとUSB3.0*1を標準装備

DLM3000は、CPUプラットホームを一新、最新の通信インタフェースでPCとの連携がさらにスムーズになりました。

 

データ転送速度が従来比10倍

内蔵ストレージ(SSD)への保存およびPCへのデータ転送は、従来比10倍の高速化を実現しました。*2
作業の待ち時間を大幅に短縮し、大容量データも手軽に扱えます。

*1:ファンクションのみ。USBホスト機能は、USB2.0での通信となります。
*2:内蔵ストレージは/C8オプション(SSD)、PCへの転送はUSB3.0マスストレージ接続。
当社従来機種(DLM2000)との比較にて。


DLM3000の特長は何ですか?


DLM2000との違いは何ですか?


DLM2000とGP-IBコマンドの互換性はありますか?


4ch以上の入力チャネルのオシロスコープが欲しい。


絶縁入力のオシロスコープはありませんか?


シリアルバスのオートセットアップ機能で、うまくトリガがかかりません。


波形パラメータの自動測定結果によってGO/NO-GO判定を行う際の範囲指定は、どこで行いますか?


演算機能のIIRフィルタ(IIRローパス/IIRハイパス)のカットオフ周波数が、0.01Hzまで設定できるとマニュアルに記載されているが、500Hzより低い周波数を設定できないのはなぜですか?


内蔵ストレージに保存した大容量データをPCに転送するには、どのような方法がありますか?


USBマスストレージの動作実績は?


電流プローブを背面パネルプローブパワー端子( オプション)で使用する場合の注意事項は?

 

高電圧差動プローブ 700924

100MHz、1000:1/100:1、差動入力電圧:±1400V(DC+ACpeak)(1000:1)、電源:電池駆動またはプローブ電源
販売単位:1
価格 ¥80,000 (税抜)

高電圧差動プローブ 700925

15MHz、100:1/10:1、差動入力電圧:±500V(DC+ACpeak)(100:1)、電源:電池駆動またはプローブ電源
販売単位:1
価格 ¥50,000 (税抜)

FETプローブ 700939

900MHz、10:1、入力抵抗:2.5MΩ、最大入力電圧:±10V(DC+ACpeak)、プローブケーブル 1.5m/電源ケーブル 1m
販売単位:1
価格 ¥90,000 (税抜)

高感度電流プローブ 701917

50MHz、5Arms、φ5mm、センサーケーブル 1.5m/ 電源ケーブル 1m、電源:プローブ電源 1mAからの微小電流測定に
販売単位:1
価格 ¥230,000 (税抜)

高感度電流プローブ 701918

120MHz、5Arms、φ5mm、センサーケーブル 1.5m/ 電源ケーブル 1m、電源:プローブ電源 1mAからの微小電流測定に
販売単位:1
価格 ¥300,000 (税抜)

差動プローブ 701920

500MHz、10:1、差動入力電圧:±12V(DC+ACpeak)、電源:プローブ電源 50Ω入力システムのオシロスコープで使用
販売単位:1
価格 ¥180,000 (税抜)

高電圧差動プローブ 701921

100MHz、100:1/10:1、差動入力電圧:±700V(DC+ACpeak)(100:1)、電源:電池駆動またはプローブ電源
販売単位:1
価格 ¥82,000 (税抜)

差動プローブ 701922

200MHz、10:1、差動入力電圧:±20V(DC+ACpeak)、電源:プローブ電源 50Ω入力システムのオシロスコープで使用
販売単位:1
価格 ¥110,000 (税抜)

差動プローブ PBDH1000 701924

1GHz、50:1、差動入力電圧:±25V(DC+ACpeak)、電源:プローブI/F
販売単位:1
価格 ¥350,000 (税抜)

高電圧差動プローブ 701926

50MHz、1000:1/100:1、差動入力電圧:5000Vrms/7000Vpeak(1000:1)、電源:電池駆動またはプローブ電源
販売単位:1
価格 ¥220,000 (税抜)

高電圧差動プローブ PBDH0150 701927

150MHz、500:1/50:1、差動入力電圧:±1400V(DC+ACpeak)(500:1)、電源:プローブI/F
販売単位:1
価格 ¥120,000 (税抜)

電流プローブ PBC100 701928

100MHz、30Arms、φ5mm、1.5m、電源:プローブI/F
販売単位:1
価格 ¥350,000 (税抜)

電流プローブ PBC050 701929

50MHz、30Arms、φ5mm、1.5m、電源:プローブI/F
販売単位:1
価格 ¥270,000 (税抜)

電流プローブ 701930

10MHz、150Arms、φ20mm、センサーケーブル 2m/ 電源ケーブル 1m、電源:プローブ電源
販売単位:1
価格 ¥250,000(税抜)

電流プローブ 701931

2MHz、500Arms、φ20mm、センサーケーブル 2m/電源ケーブル 1m、電源:プローブ電源
販売単位:1
価格 ¥300,000 (税抜)

パッシブプローブ 701937

500MHz、10:1、最大入力電圧:600V(DC+ACpeak) CAT II、1.3m、 DLM3000用
販売単位:1
価格 ¥20,000 (税抜)

100:1 高圧プローブ 701944

400MHz、100:1、最大入力電圧:1000Vrms CAT II 4000Vpeak CAT I、1.2m
販売単位:1
価格 ¥35,000 (税抜)

100:1 高圧プローブ 701945

250MHz、100:1、最大入力電圧:1000Vrms CAT II 4000Vpeak CAT I、3m
販売単位:1
価格 ¥45,000 (税抜)

ロジックプローブPBL100 701988

8bit、トグル周波数:100MHz、入力抵抗:1MΩ、1.8m
販売単位:1
価格 ¥80,000 (税抜)

ロジックプローブPBL250 701989

8bit、トグル周波数:250MHz、入力抵抗:100kΩ、1.7m
販売単位:1
価格 ¥120,000 (税抜)

GO/NO-GOケーブル 366973

GO/NO-GO入出力およびスタート入力用
販売単位:1
価格 ¥2,000 (税抜)

プローブスタンド 701919

円形ベース、1アーム
販売単位:1
価格 ¥98,000 (税抜)

プローブ電源ケーブル B9852MJ

差動プローブ(700924、700925、701921など)用、1.5m
測定器のプローブ電源または外部電源より電源供給
701921、701926に標準で付属
販売単位:1
価格 ¥6,000 (税抜)

デスキュー調整信号源 701936

デスキュー調整用
701935の後継製品、新たに大電流用プローブや貫通型CTシリーズにも対応
販売単位:1
価格 ¥50,000 (税抜)

ソフトキャリングケース 701964

DLM2000/DLM3000シリーズ用 収納用ポケット3ヶ付
販売単位:1
価格 ¥18,000 (税抜)

プリンタ用ロール紙 B9988AE

10m巻き (DL850シリーズ/ DLMシリーズ/ DL750/ DL6000/ DL9000用)
販売単位:10
価格 ¥800 × 10(税抜)
カタログ
取扱説明書
ソフトウェア
ファームウェア
外形図

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。


お問い合わせ
トップ