CA500シリーズ マルチファンクションプロセスキャリブレータ

多機能で縦型ハンドヘルドタイプのキャリブレータ

  • 基本確度の異なる2モデルをラインナップ
    CA500(標準モデル)0.015%(直流電流)、0.020%(抵抗)、0.3℃(測温抵抗体)
    CA550(上位モデル)0.010%(直流電流)、0.015%(抵抗)、0.1℃(測温抵抗体)
  • 自動I/Oテスト(上位モデル CA550)
  • 反射型ディスプレイ採用で屋外での視認性向上
  • 電池寿命16時間
    (測定ON、5V出力/10kΩ以上)
  • 持ち易い薄型設計
  • 簡易HARTコミュニケート機能*(上位モデル CA550)
    *2020年6月ファームVerUPにより対応予定

高確度

基本確度が異なる2モデルをラインナップ

モデル 直流電流 抵抗 測温抵抗体
標準モデル CA500 0.015% 0.020% 0.3℃
上位モデル CA550 0.010% 0.015% 0.1℃

 

薄型設計 × 堅牢性

片手で持ち易い薄型ボディ、プロテクションによる堅牢性向上を実現

既存モデルよりも約17mm薄くなりました。

CA_比較

 

マルチファンクション

  • 直流電圧、直流電流、熱電対、測温抵抗体、抵抗、周波数、パルスの発生・測定が可能
  • 17種類の熱電対に対応(JIS/ IEC/ DIN/ ASTM/ GOSTR)
  • 14種類の測温抵抗体に対応(JIS/ IEC/ GOSTR)

 

多彩な発生パターンに対応

リニアスイープ

出力を0%~100%の間で連続的に変化させられます。

ステップスイープ

0%~100%を、設定したステップ数で階段(ステップ)状に出力でき、発生値と測定値が保存されます。
※ステップの分割数は、2〜20点

プログラムスイープ

任意の出力値(%)とステップ数で出力でき、発生値と測定値が保存されます。
※CA500は10ステップ、CA550は20ステップ

 

校正作業を支援する便利な機能

見やすいディスプレイ

反射型液晶ディスプレイを採用。
屋外での視認性が向上しました。
メイン表示(発生値・測定値)に加え、サブ表示(%、mV、Ωなど)が可能となり、現場で必要な情報が一目で分かります。

見やすいディスプレイ

 

結線情報表示機能

選択した発生・測定ファンクションに応じた結線図が表示されます。
結線図を見ながら配線することで結線ミスを防ぎます。

結線情報表示機能

 

TCミニプラグによる熱電対発生

補償導線と組み合わせて使用することで、外部RJセンサーを使わずに熱起電力を発生できます。
※補償導線はお客様でご用意ください。

TCミニプラグによる熱電対発生

 

使いやすいキー操作

0%・100%キー
レンジの0%⇔100%の発生が簡単に行えます。0%・100%値は任意で設定できます。
UP/DOWNキー
UPまたはDOWNキーを押すごとにあらかじめ設定したステップで出力を変更できます。

キー配置画像

キーレイアウト
発生と測定に関わるキーをまとめて配置しているため、直観的な操作が行えます。

キーレイアウト

 

開平出力

4-20mA、1-5Vレンジは出力方式を“リニア”と“開平”から選択できます。
開平設定された機器の点検時に便利な機能です。

実際の出力値
 
実際の出力値

 

自動 I/O テスト

CA550_Only

プログラムスイープによる入出力試験結果(発生値、測定値、 誤差率、日時、合否判定などの校正結果)がCA550本体にCSV形式で自動保存されます。
CA550とPCをUSBケーブルで接続すると、マスストレージとして認識されPCへのデータ転送が可能です。

自動 I/O テスト

自動 I/O テスト

 

HART通信機能 HART/BRAINモデム機能 BRAIN TagNo取得機能

CA550_Only  HART

2020年6月 ver. up 対応予定(無償)

HART通信機能でサポートしているのは以下項目となります。

  • TagNo.
  • PV値
    (PV%値、AO値、SV値、TV値、QV値の読み取りも含む)
読み取り
  • LRV(レンジ下限値)
  • URV(レンジ上限値)
  • ダンピング
読み取り

書き込み
  • 4mAのトリミング
  • 20mAのトリミング
書き込み

※全てのコマンドをサポートしている訳でありませんのでご注意ください。
※BRAIN通信ではTagNoの取得が可能です。それ以外の機能はありません。

 

インタフェース

インタフェース

1  入出力端子
2  発生値・変更キー
3  発生設定キー
4  測定設定キー
5  カーソルキー/ENTERキー
6  HART/BRAIN関連キー
※CA550のみ
7  外部RJセンサー接続コネクタ
8  USBポート(タイプB)

 

電圧・電流・抵抗・パルス 発生部

電圧・電流・抵抗・パルス_発生部

 

電圧・電流・抵抗・パルス 測定部

電圧・電流・抵抗・パルス_測定部

電圧・電流・抵抗・パルス_測定部_注意文

 

24Vループ電源

24Vループ電源

 

熱電対 発生・測定部(TC-A端子:熱電対ミニプラグ)

発生・測定確度(CA500、CA550共通)

発生・測定確度

発生・測定確度_注意文

 

測温抵抗体 発生・測定部

測温抵抗体 発生・測定部

 

共通仕様

測温抵抗体 発生・測定部

測温抵抗体 発生・測定部

 

一般仕様

一般仕様

20mA SIMULATE

計装機器の外部電圧発生源(ディストリビュータ)から設定に応じた電流を吸い込む(SINK)ことで 伝送器シミュレータとしてループテストが行えます。

20mA SIMULATE

 

2線式伝送器ループチェック

伝送器電源DC24Vを供給しながらDCmA信号を計測します。ゼロ点の確認等、DCmA信号計 測を0.01%rdg(CA500は0.015%rdg)の高確度で実現します。また250Ωの通信抵抗を内蔵(HART/BRAIN通信に対応)しており、ハンディー ターミナル接続時に250Ω外付け抵抗の必要がありません。

2線式伝送器ループチェック

 

HART伝送器のゼロ点調整

CA550は、HART通信(Universal command/ Common practice commandの一部)に対応。HARTデバイス情報の読み取りに加え、LRV/URVの書き込みやアナログ出力のトリミングが行えます。

HART伝送器のゼロ点調整

 

TC SIMULATE

17種類の熱電対に対応した熱起電力の発生が可能です。基本確度0.5℃(タイプKの代表値)と従来機種比2倍の確度で信頼性の高い試験が可能です。
出力信号も測定可能なため、1台で入出力試験が可能です。TCミニプラグを使用する場合、RJセンサーは不要です。

TC SIMULATE

 

RTD SIMULATE

14種類の測温抵抗体に対応した、測温抵抗体の擬似抵抗発生が可能です。
基本確度0.1℃(Pt100の代表値)の確度で信頼性の高い試験が可能です。
※CA550の確度

RTD SIMULATE

 

パルス SIMULATE

流量計からのパルス信号の積算値測定および積算カウンタ・パルス変換器などの受信器へのパルス発生が可能です。
1min~60minの範囲でパルスカウントの積算時間を設定できます。

パルス SIMULATE

 

発生用リードケーブル 98020

赤×1、黒×2の1 組
長さ 約1.7m
販売単位:1
価格 ¥4,000 (税抜)

発生測定用リードケーブル 98035

CA320用:ワニ口リードケーブル(赤黒1組/1.7m)
販売単位:1
価格 ¥5,000 (税抜)

発生測定用リードケーブル 98064

ワニ口リード 赤×1、黒×1の1組
販売単位:1
価格 ¥1,500 (税抜)

USBケーブル A1421WL

USB2.0 Hi-Speed対応(2m)
販売単位:1
価格 ¥3,000 (税抜)

RJセンサー 90080

CA320用:RJ(基準接点補償)用
販売単位:1
価格 ¥20,000 (税抜)

グラバークリップ 98026

赤黒1組セパレート型(2.0m)
販売単位:1
価格¥10,000(税抜)

バインディングポスト(赤黒) 99045

ショートプレート1枚付属
販売単位:1
価格 ¥3,000 (税抜)

バインディングポスト(赤赤) 99046

ショートプレート1枚付属
販売単位:1
価格 ¥3,000 (税抜)

TCミニプラグセット1 90040

K(黄)/E(紫)/J(黒)/T(青)/R・S(緑)/B・U(白)/G(赤/緑)/D(赤/白)/C(赤)/N(オレンジ) 10個セット
販売単位:1
価格 ¥15,000 (税抜)

TCミニプラグセット2 90045

K(黄)/E(紫)/J(黒)/T(青) 4個セット
販売単位:1
価格 ¥6,000 (税抜)

ソフトケース B8080FQ

アクセサリ収納ケース
販売単位:1
価格 ¥1,500 (税抜)

ソフト キャリング ケース SU2006A

本体収納用
販売単位:1
価格 ¥10,000 (税抜)

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。


お問い合わせ
トップ