30031A/30032A リーククランプテスタ

  • 1mAの漏れ電流から60Aの負荷電流まで測定可能
  • 低圧電路や電気設備などの絶縁状態の監視用として使用可能
  • 漏れ電流は、分解能0.001mA
  • 外部磁界の影響は、0.0005%Typical
    (隣接電線の電流値に対して)
  • クランプ部の開閉耐久性5万回以上
  • クランプ部のひねり強度当社比の2倍
  • 最大導体径φ40でもスムーズな開閉を実現
  • データホールド機能
  • オートパワーオフ
  • 安全規格EN61010-1、EN61010-2-032測定カテゴリⅢ、汚染度2に適合

30031A 仕様

測定項目 : 交流電流
測定可能導体径 : 最大約Φ40mm
オートレンジ : 3mAと30mAレンジ間、30Aと60Aレンジ間
マニュアル : 3mA/30mAレンジと30A/60Aレンジ間
最小分解能 : 0.001mA

30032A 仕様 (高調波除去フィルタ搭載タイプ)

  • 2次以降の高調波電流を除去するフィルタを搭載。
  • フィルタON/OFFにて高調波電流の有無が確認可能。
測定項目 : 交流電流
測定可能導体径 : 最大約Φ40mm
オートレンジ : 3mAと30mAレンジ間、30Aと60Aレンジ間
マニュアル : 3mA/30mAレンジと30A/60Aレンジ間
最小分解能 : 0.001mA
フィルタ有効表示 : 表示部に"FILTER"表示
フィルタ仕様 : 100Hzの振幅比 -38dB(1.26%)以下 (Typical -41dB)
120Hzの振幅比 -53dB(0.22%)以下 (Typical -56dB)

一般仕様(共通)

外形寸法 : 約70(W)×178(H)×25(D)(突起部を含まず)
質量 : 約 200g(電池含む)
電源 : CR2032(ボタン型電池)3V×1
付属品 : 電池(本体収納) 1個、ソフトケース 1個、取扱説明書 1部

希望小売価格(税別)

30031A : ¥42,000
30032A : ¥52,000

高調波除去フィルタ機能(30032Aのみ搭載)

  1. 高調波とは?
    高調波とは、その周波数が基本波(例えば商用周波)の整数倍であるものをいいます。基本波に高調波が重畳した波形は歪波となります。
  2. なぜ基本波(商用周波)の漏洩電流を正確に測定する必要があるのか?
    漏洩電流(以下リーク電流という)を測定し、配電設備等の電路の絶縁状態をチェックするケースにおいて、高調波電流による影響により、絶縁状態を正しく把握できないという問題が発生しています。すなわち、電路と対地間に流れるリーク電流が微小であるため、一般的に電路の絶縁状態をリーク電流から知るには、リーク電流の高調波成分を取り除き、基本波(商用周波)のみの電流測定を行う必要があるためです。
  3. 高調波除去フィルタ搭載の30032A
    従来のリーククランプテスタでは、高調波電流成分を十分に除去できず、高調波電流の影響で規定値を超えるリーク測定電流値を得る場合がありました。このような場合は絶縁抵抗計による再試験の実施が必要となり、試験の手間や費用が増えてしまうという問題が生じていました。こうした背景を受け、高性能な高調波除去フィルタを搭載し、リーク電流の基本波成分のみを正確に測定するリーククランプテスタ30032Aを開発しました。

高調波除去フィルタ機能

 

高調波除去フィルタの特性

  1. 30032Aのフィルタ特性
    60Hzを超えると急峻なフィルタの働きで基本波を除く高調波成分除去します。100Hz(50Hzの2次高調波に相当)では99%の高調波成分を除去。

    30032Aのフィルタ特性

  2. フィルタの比較 (ON/OFF機能)
    高調波除去フィルタON/OFF動作におけるフィルタの特性です。

    フィルタの比較

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。


お問い合わせ
トップ