Grid TLSモジュール AQ2200-131/132

CバンドまたはLバンドの周波数(波長)範囲内で、任意のグリッド波長を選択できる波長可変光源です。

  • フレキシブルな周波数(波長)選択
    CまたはL-bandの周波数範囲内で任意グリッド波長を選択可能
  • 1チャネル(AQ2200-131)または2チャネル(AQ2200-132)
  • グリッド間隔
    最少25GHz(0.2nm)
    およびマニュアル(0.1GHz)

従来機種と比べて、エネルギー、CO2、NOxを約10%削減
ライフサイクルアセスメント結果

アプリケーションノート
概要:

光ファイバーアンプは伝送信号を波長多重状態のまま増幅することができ、WDM伝送システムで欠かせないデバイスです。
本システムでは、波長多重した光ファイバーアンプへの入力光と増幅された出力光を光スペクトラムアナライザで測定し、ファイバーアンプのゲイン、雑音指数(Noise Figure, NF)を解析します。
また、ハイパワーセンサーでトータル出力パワーを測定します。


【測定項目】
・ゲイン、雑音指数、トータル出力パワー

AQ6370D 測定画面
AQ6370D 測定画面
光ファイバーアンプ測定システム

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。


お問い合わせ
トップ