アクセサリ

OSWモジュール AQ2200-412

優れた切替再現性を実現
小型・省スペース1×16光スイッチ(2スロット幅)

AQ2200-412 OSWモジュールは、低挿入損失と優れた切替再現性を実現した高精度でコンパクトな光スイッチです。
チャネル数が16に拡大され、自動試験の効率が向上します。

  • 小型・省スペース:
    2スロットサイズのモジュールに1×16の光スイッチを搭載
  • 低挿入損失:1.0dB (typ.)
  • 高い切替再現性:±0.01dB以内
    切替再現性(代表例)(SMF 1×16,波長1550nm)
  • SMF(10/125µm)、またはMMF(50/125µm)に対応
アプリケーションノート
概要:

FTTHネットワークで使用されるGE-PONシステムの評価では、光特性試験とIPトラフィック試験を行います。
GE-PONは、OLTと複数のONUで構成されるため、多ポートを効率的に測定することが求められます。
AQ2200シリーズの多ポート光スイッチを使用すれば、効率的な自動測定システムを構築できます。
また、AQ2200-332光減衰器は、光パワーメーターを内蔵しているため、ファイバーの繋ぎ換えなしにONU受光レベルを調整でき効率的です。

GE-PONシステムの自動試験

アプリケーションノート
概要:

MPOコネクタアダプタやMTコネクタアダプタ、テープ心線アダプタを光センサヘッドに実装することで、多心ファイバー出力を直接計測することが可能です。
スイッチモジュールと併用することで、多心ファイバーの損失計測システムが容易に構築できます。

多心ファイバーの損失測定

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。


お問い合わせ
トップ