DL1600シリーズ ファームウェア

本体バージョンの確認方法

MISCキー > Overviewソフトキー で表示されるオーバビュー画面の Soft Version でご確認ください。

本体機能

仕様コード 追加機能・変更点 対応ファームウェア
バージョン
標準
  • FFT演算波形において、Marker/Cursor表示位置不具合の修正
  • 通信IMAGE:SEND? コマンド不具合修正
1.53以降
標準
  • パラメータ値取得通信コマンドの機能改善
1.52以降
標準
  • GO/NO-GO判定結果異常の修正
1.49以降

以前のバージョン 

ダウンロード

「免責事項・権利・その他」について、同意された上で、ダウンロードを行ってください。

 

バージョン Ver.1.53
日付 2009年7月21日
ファイル名 dl1600pc_v153.zip
(ZIP/PCカード用)
2.9 MB

  

dl1600fd_v153.zip
(フロッピー用)
2.9 MB

  

種類 ファームウェア※ダウンロードには、登録 が必要です。

 

免責事項・権利・その他
  • 当Webサイトの利用は、お客さまの責任において行われるものとします。
  • 当社および当Webサイトのコンテンツの作成および配信に関与する者は、当サイトの利用によって生じたあらゆる損害に対して、一切の責任を負いません。
  • 本ソフトウェアの内容は、性能/機能の向上などにより将来予告なしに変更することがあります。
  • 本ソフトウェアは、ソフトウェア製品の機能・仕様確認、ご購入いただいたソフトウェアの更新、またはご購入いただいた製品の活用のために無償で提供されますが、本製品になんの欠陥もないという無制限の保証をおこなうものではありません。また、本ソフトウェアに関する不具合修正や質問についてのお問い合わせもお受けできない場合があります。
  • 本ソフトウェアをダウンロードし、インストールすることによって生じるいかなる問題についても、当社はその責務を負いません。

  • 本ソフトウェアに関する財産権、所有権、知的財産権、その他一切の権限は、当社に帰属します。
  • サンプルプログラムを除き、本ソフトウェアの全てまたは一部をいかなる形式、いかなる手段によっても、複製・再配布または転送することを禁じます。
  • サンプルプログラムを除き、本ソフトウェアをダンプ、逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングなどによる改変または修正しないものとします。

ダウンロードにより、上記に同意いただいたものとします。

関連製品とソリューション

DL1600シリーズ ディジタルオシロスコープ

200MS/s、200MHz帯域4CH入力の充実した基本性能を、本体約3.9kgの小型・軽量ボディに凝縮しました。(DL1640,DL1640L)
4CHの同時32MWロングメモリにより、高周波信号の繰り返し測定と、データレコーダのような長時間低周波信号の連続測定の両方のニーズにフィットします。ディスプレイ部には、広視野角6.4型カラーTFT液晶を採用し、様々な測定環境下でも、波形を鮮明に表示します。

トップ