DLM2000 Series - Logic / MSO Features

The DLM2000’s clever and industry first “Flexible MSO input” enables you to use channel four as eight logic channels, or an analog input, when your application calls for it.
A mixed signal oscilloscope from Yokogawa acts as a basic logic analyzer, with flexible grouping and labeling of logic channels, bundled display of binary or hexadecimal values, and a host of logic specific triggers.

関連製品とソリューション

ミックスドシグナルオシロスコープ DLM2000シリーズ

ミックスドシグナルオシロスコープDLM2000シリーズ:ハイブリッドチャネルで手軽にMSO、ロジックの便利さを一人ひとりに。8.4型液晶画面を目線の位置に配置した縦形フォルムは、場所をとりません。見やすさ、使いやすさを追求した、コンパクトな「Myオシロ」です。

オシロスコープ

縦型・軽量・コンパクトのDLM2000、アナログ8チャネル・大型液晶ディスプレイのDLM4000、オシロスコープとデータロガーの機能を兼ね備えたスコープコーダと、多彩なモデルに測定業務を効率アップする数々の機能と使いやすさを搭載しています。

ミックスドシグナルオシロスコープ

A mixed signal oscilloscope is an instrument enabling the simultaneous, time correlated observations and analysis of analog with digital (logic) signals, to establish causal relationships between the various areas of a device's electronics. They are purpose-built tools for troubleshooting electrical anomalies, measuring parametric values, and monitoring cause and effect relationships between signals.

トップ