IS8000 統合計測ソフトウェアプラットフォーム

概要

IS8000統合計測ソフトウェアプラットフォームは当社のスコープコーダ、パワーアナライザ、オシロスコープの設定、モニタリング、測定データの合成、比較解析、レポート出力の他、他社の高速度カメラやRAMモニタを含む複数の測定器を組み合わせた同期計測を実現するソフトウェアプラットフォームです。
IS8000ソフトウェアは下記のリンクより無償でダウンロードが可能です。インストール後は30日間全機能をご利用になれます。 ライセンス購入後は、お手元に届きましたライセンスコードをソフトウェアに入力の上、PCをインターネットに接続しアクティベーション(有効化処理)を行うことで継続してご利用になれます。IS8000をインストールしたPCをネットワークに接続できない場合は、ネットワークに接続可能な別のPCを経由することでアクティベーションが可能です。

 

対応製品

機能 対象製品
データアクイジション DL950、WT5000
リモート制御、測定器メモリーからの測定データ転送 DL350、DL850シリーズ、DL950、DLM3000シリーズ、DLM5000シリーズ、WT5000
(リモート制御のみ)
測定ファイル読込み DL350、DL850シリーズ、DL950、DL750 (WVFファイルのみ)、SL1400 (WVFファイルのみ)、SL1000、WT1800 シリーズ、WT3000シリーズ、WT5000、DLM2000シリーズ、DLM3000シリーズ、DLM4000シリーズ、DLM5000シリーズ
高速度カメラ同期機能
(FS1オプション)
対応高速度カメラ(オンライン同期):Photron 社製 FASTCAM SA-Z、NOVA、Mini AX/ UX/ WX
同期対応測定器(オンライン同期):DL950
ECUモニター同期機能
(EM1オプション)
対応ECUモニター:DTSインサイト社製 RAMscope GT170/ GT150(RAM 計測モジュールのみ)、GT122
同期対応測定器:DL950
 

主な仕様

赤字箇所は前のバージョンからの変更点です。

  Version 22.3.1
接続対応ファームウェア DL950 Ver. 1.20 以降
WT5000 Ver. 3.01 以降
言語 日本語/英語/中国語
PC要件 10 Gb Ethernet 通信利用時:
デスクトップPC、Intel Core i7-1165G7 以上、4 コア(8 スレッド)以上、4.7 GHz 以上
メモリー16 GB 以上
SSD 512 GB 以上(M.2 スロットSSD 推奨、読み書き性能3 GB/s 以上)

1 Gb Ethernet/USB 通信利用時、オフライン解析時:
Intel Core i5-10210U 以上、4 コア(8 スレッド)以上、4.2 GHz 以上
メモリー8 GB 以上
SSD 256 GB 以上
(読み書き性能400 MB/s 以上)
対応OS Windows 10 64bit
通信インタフェース USB(USBTMC/VISA)、Ethernet(VXI-11/HiSLIP)
ディスプレイ解像度 1366×768ドット以上、拡大率100%
機器同時接続数 最大5台(オプションなしの場合は1台のみ)
読込可能ファイル形式 WDFファイル DL350、DL850シリーズ、DL950, SL1000, DLM2000シリーズ、DLM3000シリーズ、DLM4000シリーズ、DLM5000シリーズ
CSVファイル
(電力測定データ)*2
WT5000
(IEEE1588非対応データ)
WT5000
(IEEE1588対応データ)
WT3000シリーズ*1
WT1800シリーズ
MF4ファイル IS8000データファイル
ASAM MDF 4.1 準拠ファイル
WVFファイル DL750, SL1400
mepjt, anpjtファイル IS8000 Project files
書き出し可能 ASAM MDF 4.1 準拠ファイル(mf4)、ASCII ファイル(csv)
オンラインデータアクイジション(DL950) 動作モード スコープモード(Trigger/Freerun)、Triggerは連結機能未使用時
※動作モードがTriggerのとき、DL950の外部クロック入力には対応していません。
最大転送レート 10G Ethernet接続時:
320MB/s(20MS/s x 8ch, 10MS/s x 16ch)
1G Ethrenet / USB接続時:
6.4MB/s (200kS/s x 16ch)
最大連続記録時間 7日間
記録モード フリーラン記録
トリガー記録
最大記録サイズ 500GB
同時記録チャネル数 128チャネル
データ表示形式 共通 TY(1表示グループあたり最大32チャネル、4グループまで)、XY (1表示グループあたり2画面まで)、Zoom/Pan(1表示グループ あたり4エリアまで)
WT5000測定値 電力トレンド数値表示
電力トレンドグラフ表示
Peak-to-peak 圧縮データ波形表示
(データ更新1秒以上)
データストリーミング波形表示 ※3
高調波バーグラフ表示
高調波リスト表示
マトリックス表示
波形結合、位置調整 時刻、絶対時刻、先頭合わせ、終端合わせ、任意オフセット
波形パラメータ測定 測定項目 P-P、Amp、RMS、Freqなど最大28種類
ヒストリ統計処理 ヒストリ波形ごとのデータに対して波形パラメータを自動測定し、それらを統計処理する
サイクル統計処理 1周期ごとに波形パラメータを自動測定し、それらを統計処理する
カーソル機能 垂直(1ウィンドウ2本まで)、水平(1ウィンドウ2本まで)、X-Y
注釈機能 Main、Zoom、X-Y画面の任意の位置に注釈を挿入可能(テキスト、測定値、パラメータ測定)
対象測定器 データアクイジション DL950
WT5000
(760903電流センサーエレメント対応。10msデータ更新対応)
フラッシュACQデータ保存 DL950
リモート制御、測定器メモリーからの測定データ転送 DL350、DL850シリーズ、DL950、DLM3000シリーズ、DLM5000シリーズ、WT5000
(リモート制御のみ)
測定ファイル読込み DL350、DL850シリーズ、DL950、SL1000、WT1800シリーズ、WT3000シリーズ、WT5000、DLM2000シリーズ、DLM3000シリーズ、DLM4000シリーズ、DLM5000シリーズ、 DL750 (WVFファイルのみ)、SL1400 (WVFファイルのみ)
画面キャプチャ 書き込み Clipboard、ping、jpg、gif
CSV一括変換 読み込み MF4 (MDF4.1)、WDF、WVF
書き込み CSV
波形演算(/MH1) 演算チャネル数 最大16チャネル
演算子 +、-、×、/、位相シフト、ABS、SQRT、LOG、EXP、NEG、SIN、COS、TAN、ATAN、PH、DIF、DDF、INTEG、IINTEG、BIN、P2、P3、F1、F2、FV、PWHH、PWHL、PWLH、PWLL、PWXX、DUTYH、DUTYL、FLT1、FLT2、HLBT、MEAN
演算点数 最大12.5M点
ディジタルフィルター Gauss、Sharp、IIR(Butterworth)
FFT 解析(/MH1) FFT 演算 タイプ:LS、RS、PS、PSD、CS、TF、CH
サブタイプ: REAL、IMAG、MAG、 LOGMAG、PHASE
FFT 窓関数 Rect、Hanning、Flat top、Hamming
解析チャネル数 最大16チャネル
解析対象データ数 最大2 M 点
レポート作成機能(/RP1) 出力形式 Microsoft Word、Excel、PDF、プリンタ出力
レポートパーツ 波形、演算結果、コメント、イメージ
高速度カメラ同期機能
(/FS1)
対応高速度カメラ
(オンライン同期)
Photron 社製 FASTCAM SA-Z、NOVA、 Mini AX/UX/WX
読込可能動画ファイル
(オンライン同期)
high-speed camera video files(avi)
同期対応測定器
(オンライン同期)
DL950
対応動画ファイルフォーマット
(オフライン同期)
AVI(*.avi)、MP4(*.mp4)、WMV(*.wmv)、AVCHD(*.mts)、MOV(*.mov)、 MPEG2-PS(*.mpg, *.mpeg)
ECUモニター同期機能(/EM1) 対応ECUモニター DTSインサイト社製 RAMscope GT170/ GT150(RAM 計測モジュールのみ)、 GT122
読込可能RAMデータファイル RAMScopeVP output files(a2l)
同期対応測定器 DL950

*1 高調波測定データは除く
*2 先頭から最大128チャネルを読み込み可能
*3 接続されるWT5000にDSオプションが必要

 

機能について

機能一覧

 

ライセンスについて

サブスクリプション版と買い切りライセンス版の2つの購入モデルがございます。
各ライセンスの違いについては、ユーザーズマニュアルの9.6章をご覧ください。

 

インストールおよびアクティベーション方法

インストールおよびアクティベーション方法につきまして、インストールマニュアルをご覧ください。

 

更新履歴

バージョン 更新日 更新内容
V22.3.1.0
2022年6月28日
API機能拡張
オフライン解析パフォーマンス改善
V22.2.2.0
2022年5月16日
APIに対応
v22.2.1.0
2022年4月13日
WT5000 データストリーミング機能に対応
表示レイアウト初期設定のカスタマイズに対応
WT5000高調波バーグラフ表示数増加

以前のバージョン 

 

ダウンロード

「免責事項・権利・その他」について、同意された上で、ダウンロードを行ってください。

 

バージョン v22.3.1.0
日付 2022年6月28日
ファイル名 IS8000_22310.zip 337 MB

ダウンロード

種類 ソフトウェア※ダウンロードには、登録が必要です。

 

免責事項・権利・その他
  • 当Webサイトの利用は、お客さまの責任において行われるものとします。
  • 当社および当Webサイトのコンテンツの作成および配信に関与する者は、当サイトの利用によって生じたあらゆる損害に対して、一切の責任を負いません。
  • 本ソフトウェアの内容は、性能/機能の向上などにより将来予告なしに変更することがあります。
  • 本ソフトウェアは、ソフトウェア製品の機能・仕様確認、ご購入いただいたソフトウェアの更新、またはご購入いただいた製品の活用のために無償で提供されますが、本製品になんの欠陥もないという無制限の保証をおこなうものではありません。また、本ソフトウェアに関する不具合修正や質問についてのお問い合わせもお受けできない場合があります。
  • 本ソフトウェアをダウンロードし、インストールすることによって生じるいかなる問題についても、当社はその責務を負いません。

  • 本ソフトウェアに関する財産権、所有権、知的財産権、その他一切の権限は、当社に帰属します。
  • サンプルプログラム・ライブラリを除き、本ソフトウェアの全てまたは一部をいかなる形式、いかなる手段によっても、複製・再配布または転送することを禁じます。
  • サンプルプログラムを除き、本ソフトウェアをダンプ、逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングなどによる改変または修正しないものとします。
  • 「ソフトウェア使用許諾」が同梱または表示されているソフトウェアについては、「ソフトウェア使用許諾」の内容を承諾していただくことが ご使用の条件となります。
  • 本ソフトウェア製品には、オープンソースソフトウェア(以下「OSS」といいます)を含む場合があります。OSSには、それぞれのOSSに該当するライセンス条件が、本項の代わりに適用されます。OSSライセンスの記述と本項の記述との間で矛盾が生じた場合は、該当するOSSの記述が優先されます。

ダウンロードにより、上記に同意いただいたものとします。

関連製品とソリューション

スコープコーダ DL950

DL950は、DL850E/EVの機能・仕様を大幅に改善し、タッチパネルによる直観的操作を可能した新時代のスコープコーダです。
200MS/s高速サンプルレート、最大8Gポイントメモリー、複数台同期で最大160CHが可能で、お客様の様々なニーズにお応えします。

統合計測ソフトウェアプラットフォーム IS8000

IS8000統合計測ソフトウェアプラットフォームは、エンジニアリングワークフローを加速する統合ソリューションソフトウェアです。

トップ