WT100/WT200/WT1000/WT2000用 多項目表示・記録ソフトウェア

概要

WTシリーズにおいて、電圧・電流レンジや本体のパネルの表示画面の設定が可能です。
また、PC上に測定項目(通常及び積算)すべてのデータを表示し、アスキー形式でファイルに保存が出来ます。

多項目表示・記録ソフトウェア画面

接続設定方法

■GP-IB版の設定
ソフトウェア起動前に電力計本体の通信の設定を下記の様に設定して下さい。

(1) 通信モード : アドレッサブルモードA
(2) GPIBドレス : 任意

■RS-232版の設定
ソフトウェア起動前に電力計本体の通信の設定を下記の様に設定して下さい。

通信モード : ノーマルモード
ハンドシェーク  : なし
フォーマット : データ長 8
パリティ なし
ストップビット 1
ボーレート : 4800
ターミネータ : CR+LF

その他の設定につきましては、ソフトウェア起動時のメニューに沿って設定してください。

ご注意:

  • WT110/WT130はバージョン2.01以降,WT1000シリーズはバージョン2.02以降、WT2000シリーズはバージョン1.41以降,WT200シリーズはバージョン1.01以降の製品で動作可能です。
  • 出力データ数は、電力計本体の表示更新周期およびGP-IB/RS-232-C通信の通信速度によって制限される場合があります。
    この制限を越えた出力データ数を設定した場合、通信が間に合わずデータが抜ける場合があります。
    例えば、WT1030(GPIB通信)の場合、通常測定で全ての測定項目を通信出力する場合は、WT1030の表示更新周期を500msにして下さい。

ダウンロード

「免責事項・権利・その他」について、同意された上で、ダウンロードを行ってください。

 

日付 2003年2月18日
ファイル名 wtsoft.zip (for GP-IB) 2.4 MB

  

wtxrnj110.zip (for RS-232C) 2.4 MB

  

種類 ソフトウェア

 

免責事項・権利・その他
  • 当Webサイトの利用は、お客さまの責任において行われるものとします。
  • 当社および当Webサイトのコンテンツの作成および配信に関与する者は、当サイトの利用によって生じたあらゆる損害に対して、一切の責任を負いません。
  • 本ソフトウェアの内容は、性能/機能の向上などにより将来予告なしに変更することがあります。
  • 本ソフトウェアは、ソフトウェア製品の機能・仕様確認、ご購入いただいたソフトウェアの更新、またはご購入いただいた製品の活用のために無償で提供されますが、本製品になんの欠陥もないという無制限の保証をおこなうものではありません。また、本ソフトウェアに関する不具合修正や質問についてのお問い合わせもお受けできない場合があります。
  • 本ソフトウェアをダウンロードし、インストールすることによって生じるいかなる問題についても、当社はその責務を負いません。

  • 本ソフトウェアに関する財産権、所有権、知的財産権、その他一切の権限は、当社に帰属します。
  • サンプルプログラムを除き、本ソフトウェアの全てまたは一部をいかなる形式、いかなる手段によっても、複製・再配布または転送することを禁じます。
  • サンプルプログラムを除き、本ソフトウェアをダンプ、逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングなどによる改変または修正しないものとします。
  • 「ソフトウェア使用許諾」が同梱または表示されているソフトウェアについては、「ソフトウェア使用許諾」の内容を承諾していただくことが ご使用の条件となります。

ダウンロードにより、上記に同意いただいたものとします。

関連製品とソリューション

ディジタルパワーメータ WT2010/WT2030

ディジタルパワーメータWT2000シリーズは,電気量測定という観点から基本性能(帯域,精度,応答速度,耐ノイズ)を徹底的に追求し,各分野のアプリケーションに十分に対応できる機能を備えた電力アナライザです。

ディジタルパワーメータ WT210/WT230

コストパフォ-マンスを追求した ディジタルサンプリング方式の電力計

トップ