WTViewer (WT210/ WT230用)

WTViewer(WT210/ WT230用)は、ディジタルパワーメータWT210/ WT230で測定した数値や波形データをGP-IB、シリアル(RS-232-C)通信経由でPCに読み込み、測定データや波形データの表示・保存ができるアプリケーションソフトウェアです。 GP-IB使用時に、同時に4台までのWT210/ WT230を接続できます。

  • マニュアル保存機能
  • 表示例
    • 数値データ表示
    • 波形表示
    • 高調波測定
    • トレンド表示
    • PCから電力計の設定変更
    • CSV形式で測定データ保存
  • 本ソフトウェアは、WT210/230に追加されたクレストファクタ6モードには、対応していません。
    そのため、WT210/230をクレストファクタ6モードにして、本ソフトウエアを使用すると、レンジ設定など、実行できない機能があります。

  • 本ソフトウェアをGP-IB通信で使用する場合、NATIONAL INSTRUMENTS 社製のGP-IBカードが必要です。
  • NATIONAL INSTRUMENTS 社以外のGP-IBカードや、GP-IB ⇔ USB変換などの通信変換機器を使用した場合の動作保証はいたしかねます。
  • 本ソフトウェアは、WT210/WT230専用です。他のWTシリーズでは動作しません。
  • 波形表示機能、または高調波測定機能をご利用いただくには、WT210/WT230に/HRM オプションが必要です。
  • GP-IB 使用時に4 台まで接続できます。ただし、WT210とWT230の混在、および搭載オプションが異なる組合せでの複数台接続はできません。また、複数台接続では全ての電力計のデータ更新周期を同じに設定して下さい。(ただし、データ更新のタイミングは同期できません)。
  • RS232での通信を使う場合は、下記の設定、ケーブルを参考にしてください。
    <設定例>
    ソフトウェア: RS232(COM1), 9600bps, 8-No-1, CTS-RTS, LF
    WT210/WT230本体 : モード:488.2モード、ハンドシェーク:hand5、フォーマット:For_0、ボーレート:b_9600、ターミネータ設定:LF
    ケーブル:RS232クロス(リバース)ケーブルを使用してください。

仕様概要

適用可能な電力計

WT210[GP-IB/シリアル(RS-232-C)オプション付き]
WT230[GP-IB/シリアル(RS-232-C)]

機能

測定モード

電力測定、高調波測定、積算

ファイル種類

波形ファイル、演算値ファイル、高調波ファイル、設定ファイル

表示画面

数値表示、波形表示、トレンド表示、高調波バーグラフ表示

データ収集周期

最速100ms
*Normal Mode時でGPIBを使用。
*PCのパフォーマンスにより制限されます。
*WT230の場合、Fast mode使用時。(制限事項あり)
*WT210/WT230のデータ更新レートが1秒以上の場合、測定・保存の同期が可能。

同期測定

GP-IB通信でデータ更新周期が1秒以上の場合、測定と収集・保存の同期が可能

システム構成

PC 本体

CPU

Pentium 4*1 1.5GHz 以上推奨

メモリ

1GB 以上推奨

HDD

空き容量500MB 以上

OS

日本語版のWindows XP*2、Windows Vista*2、またはWindows 7*2 が必要

通信ボード

RS-232

PC のCOM ポートが空いていること

GP-IB

NI( ナショナルインスツルメンツ) 社製AT-GPIB/TNT(PnP)以降、ドライバNI-488.2M Ver.1.60 以降

ディスプレイ、プリンタ、マウス

画像解像度

1024 × 768 ドット以上

対応OS

上記のOS に対応したものが必要

*1:米国Intel社の商標です。 *2:米国Microsoft社の商標です。
*3:米国National Instruments社の商標です。

機能一覧

表示 数値データ表示
波形表示
トレンド表示
高調波バーグラフ表示
ベクトル表示 ×
X-Y表示 ×
設定 PCから設定
データ CSVへのデータ変換

通信

GP-IB*1
シリアル(RS-232-C)

*1:GP-IB 使用時に,4 台まで接続できます。ただし,WT210とWT230 の混在,およびオ プションが異なる組合せでの複数台接続は出来ません。複数台接続では全ての電力計の表 示更新周期を同じに設定して下さい。(表示更新は同期できません)。

本ソフトウェアはWT210/WT230 専用です。
他のWT シリーズでは動作しません。

ご注意

Windowsは米国Microsoft Corporation社の登録商標です。
その他、本文中に使われている会社名及び商品名は各社の登録商標または商標です。

マニュアル保存機能

WTViewerでのデータ測定は、スタートボタンを押してから設定したデータ間隔(更新レート)ごとに保存し、ストップを押すまで継続する機能です。
この機能だけでは必要なデータだけを保存することができず、データの中から必要なデータを抽出しなければならず大変でした。
新機能のマニュアルデータ保存は、画面上の “ マニュアルセーブ ”キーを押した時点のデータのみを保存できます。また、そのときの測定条件や測定対象情報(電源電圧,測定対象形名,仕様など)もコメント欄に入力できます。

マニュアルセーブボタン
1回ボタンを押すとその時のデータだけをPCに保存できます。
また、コメントを一緒にセーブすることが可能です。

マニュアル保存機能

WT本体表示のコピーボタン

WT本体で表示している項目をそのままコピーすることができます。
この操作で、PCに保存する項目を、WT本体に表示している項目と一緒にできます。

CSV形式で保存した測定データの表示例
(製品により測定項目の表示形式が少し異なります。)

CSV形式保存例
“Data Save”ボタンを押すごとに
ストアを1回行います。
Comments欄には測定した対象や
条件などを入力し表示できるので、データの整理に非常に便利です。 

表示例

数値データ表示

波形表示

高調波測定

トレンド表示

PCから電力計の設定変更

CSV形式で測定データ保存

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。


お問い合わせ
トップ