ミックスドシグナルオシロスコープ DLM5000 & 最新プローブ

さらなる多チャネル測定を実現する2台連結機能”DLMsync” 発売(2021年3月22日)

2台のDLM5000(/SYNオプション付)を専用ケーブル(701982)で接続することにより、最大アナログ16チャネル、ロジック64bitの同期測定が可能です。

  • メインユニットの設定はサブユニットでも共通に動作し、捕捉波形はそれぞれのユニットで表示されます。データはメインユニットにまとめて保存されます。
  • 専用インタフェースは本体に標準装備なので、オプション追加ライセンス(709821-SYN)ですぐに使えます。
  • 4chモデル2台、4chモデルと8chモデルの混在でも連結可能です。普段は4/8チャネルで使用し、多チャネル測定が必要な場合に連結同期して対応できます。

DLM5000の詳細はこちら

2台連結機能”DLMsync”

最新プローブ

パワエレ、メカトロ分野のフローティング信号測定に

高電圧差動プローブ 701977
周波数帯域:50 MHz
減衰比:1000:1 / 100:1
差動入力電圧:5000Vrms かつ 7000Vpeak
電源 :プローブ電源

詳細はこちら

 高電圧差動プローブ 701977

高電圧差動プローブ 701978
周波数帯域: 150 MHz
減衰比: 500:1 / 50:1
差動入力電圧:±1500V (DC + ACpeak)
電源:プローブ電源

詳細はこちら

高電圧差動プローブ 701978

CAN FDなど高速差動信号の波形品位確認に

差動プローブ PBDH0500 701925
周波数帯域: 500 MHz
減衰比: 50:1
差動入力電圧:±25V(DC+ACpeak)
電源:プローブI/F

詳細はこちら

差動プローブ PBDH0500 701925

待機電流から突入電流までこれ1本で対応

3レンジ電流プローブ 702915
周波数帯域: 50 MHz
入力レンジ:0.5 Arms/ 5 Arms/ 30 Arms
電源:プローブ電源

詳細はこちら

3レンジ電流プローブ 702915

3レンジ電流プローブ 702916
周波数帯域: 120 MHz
入力レンジ: 0.5 Arms/5 Arms/30 Arms
電源:プローブ電源

詳細はこちら

3レンジ電流プローブ 702916

アプリケーション事例

高速インバータの多チャネル波形測定

多チャネルでインバータ内部のゲート・ドレイン・ソース信号やモーター制御の電圧・電流信号を同時測定します。インバータの動作とモーターの動きを同時に測定、応答性などの解析が可能です。

  • トリガがかかった波形を自動で最大100,000個保存。後から遡って表示できます。全画面を重ね描きして異常データを抜き出すことや、条件を設定して波形を検索することが可能です。抽出した波形データに対し、カーソル測定や演算などができます。

高速インバータの多チャネル波形測定

8チャネル同時測定例

8チャネル同時測定例

車載シリアルバスの最大4バス同時解析

UART(RS232)/ I2C/ SPI/ CAN/ CAN FD/ LIN/ FlexRay/ SENT/ CXPI/ PSI5 Airbagに対応。4つのバスを同時に解析し、波形に対応したデコード表示やリスト表示が可能です。

車載シリアルバスの最大4バス同時解析

4種類のシリアルバスの同時解析例
リスト表示(上段)とデコード表示(下段)

トップ